基本情報

写真a

宇都 由美子

UTO Yumiko


職名

准教授

研究分野・キーワード

看護情報、病院情報システム、医療管理、医療経済

プロフィール

○病院情報システムに関する研究 ○看護情報のシステム化に関する研究 ○医療管理学に関する研究 ○医療経済・医療政策に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 医療システム情報学,准教授,2006年10月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,2006年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本医療情報学会(理事),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本看護科学学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本看護研究学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本診療録管理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本病院管理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 看護情報学

  • 医療管理学

  • 医療情報学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,医薬品相互作用による有害事象シグナル検知システムの分析手法の評価,第36回医療情報連合大会論文集,36巻 36号 (頁 446 ~ 449) ,2016年11月,村永 文学、 岩穴口 孝、 宇都 由美子、 熊本 一朗

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,クリニカルパスのアウトカム達成条件と看護ケア実践の関連性,第36回医療情報連合大会論文集,36巻 36号 (頁 340 ~ 343) ,2016年11月,森崎 真美、 浜崎 眞美、 岩穴口 孝、 宇都 由美子、 熊本 一朗、 中熊 英貴、小妻 幸男、 町田 二郎、 副島 秀久

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,標準化された看護用語を活用したMMLへの適用についての検討-看護モジュール構造の考察-,第36回医療情報連合大会論文集,36巻 36号 (頁 978 ~ 979) ,2016年11月,髙見 美樹、 石垣 恭子、 高島 真美、 中西 寛、 鈴木 利明、 嶋 芳成、 竹村 匡正、水流 聡子、 宇都 由美子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,医療CIOに望むもの,第36回医療情報連合大会論文集,36巻 36号 (頁 62 ~ 63) ,2016年11月,宮本 正喜、 宇都 由美子、 白鳥 義宗、 中川 肇、 蜂谷 明雄、 福井 次矢、 合地 明、鈴木 淳夫、 山本 隆一、 岡田 美保子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,患者状態を考慮した画像検査装置の効率性と客観的業務評価の研究,第36回医療情報連合大会論文集,36巻 36号 (頁 436 ~ 439) ,2016年11月,信太 圭一、 佐々木 雅史 、宇都 由美子、 岩穴口 孝、 熊本 一朗

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ナーシングビジネス 第11巻1号,メディカ出版,2017年01月,宇都 由美子

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,看護管理学習テキスト 第2版 看護情報管理論 第5巻,日本看護協会出版会 ,2016年04月,宇都 由美子

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,看護きろくと看護過程,日総研出版,2016年02月,宇都 由美子

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,エッセンシャル 看護情報学 第2版,医歯薬出版株式会社,2014年,宇都 由美子

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,これからの医療コミュニケーションへ向けて,篠原出版新社,2014年,宇都 由美子

    単行本(学術書),単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,看護必要度の現状と課題,看護展望,37巻 3号 (頁 8 ~ 13) ,2012年01月,宇都 由美子

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,現場から発信する「看護必要度」の活用可能性,イー・ビー・ナーシング,10巻 3号 (頁 73 ~ 76) ,2010年06月,宇都 由美子

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,クラーク(医師事務作業補助者)導入によるチョット元気が出た話,「月刊」ジャーマック,21巻 4号 (頁 16 ~ 19) ,2010年04月,宇都 由美子

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,患者は急性期看護ケアに何を期待しているのか ―階層分析法(AHP)による患者評価の解析,看護展望,33巻 1号 (頁 82 ~ 87) ,2008年01月,松本智晴、前田理子、伊豆元智津子、尾田久子、関口了子、友清尚子、原田ゆう子、宇都由美子

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,イザイの可視化に挑む「病院の管理会計の成否と精度の鍵となる物流システム~鹿児島大学病院の場合~」,季刊「イザイ」・篠原出版新社,1巻 5号 (頁 74 ~ 76) ,2007年09月,宇都由美子

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第18回日本医療マネジメント学会,国内会議,2016年04月,大学病院の感染防止対策加算収入と薬剤耐性菌対策コストに関する検討,口頭(一般)

  • 平成27年度 大学病院情報マネジメント部門連絡会議,国内会議,2016年01月,SS-MIX2をベースにした統合解析を可能とする多施設医療情報共有化基盤の構築と利活用に向けた課題~九州地区の七国立大学病院による震災時医療資源需要予測協議会での取り組み~,その他

  • 平成27年度 大学病院情報マネジメント部門連絡会議,国内会議,2016年01月,大学病院における一般外来縮小へ向けた要因分析,ポスター(一般)

  • 平成27年度 大学病院情報マネジメント部門連絡会議,国内会議,2016年01月,病院の内部の生産性を評価し組織運営上の意思決定に役立つ管理会計の導入,ポスター(一般)

  • 平成27年度 大学病院情報マネジメント部門連絡会議,国内会議,2016年01月,患者アレルギー情報共有によるアレルギーインシデント回避の為のシステム改良例,ポスター(一般)

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 電子カルテ時代の看護記録と看護情報~電子化はチャンスにもピンチにも~,シンポジウム座長,2010年11月

  • 医療専門職における医療情報技術者のあり方~医療情報技師とPACS スペシャリスト~,シンポジスト,2009年11月

  • 地域医療連携におけるヘルスケア情報の構造化,シンポジスト,2008年11月

  • DPCと病院経営,シンポジスト,2007年10月

  • 看護記録とパス,シンポジスト,2007年10月

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 研修会,2016年11月

  • 看護管理者(サードレベル)研修会,2016年11月

  • 看護管理者(セカンドレベル)研修会,2016年10月

  • 看護管理者(ファーストレベル)研修会,2016年10月

  • 看護管理者(ファーストレベル)研修会,2016年10月

全件表示 >>

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • 株式会社かごしま医療ITセンター,情報通信業,2005年04月