基本情報

写真a

浅川 明弘

ASAKAWA Akihiro


職名

教授

研究分野・キーワード

難治・根治・予防・健康増進・アンチエージング・終末期・社会・環境

プロフィール

心身相関、食・運動・睡眠

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座,准教授,2003年04月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,2003年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座,教授,2018年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 全人・統合・個別化医療

  • 心身内科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Increased ghrelin signaling prolongs survival in mouse models of human aging through activation of sirtuin.,Mol Psychiatry,21巻 (頁 1613 ~ 1623) ,2016年,Fujitsuka N, Asakawa A, Morinaga A, Amitani M, Amitani H, Katsuura G, Sawada Y, Sudo Y, Uezono Y, Mochiki E, Sakata I, Sakai T, Hanazaki K, Yada T, Yakabi K, Sakuma E, Ueki T, Niijima A, Nakagawa K, Okubo N, Takeda H, Asaka M, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Anti-ghrelin immunoglobulins modulate ghrelin stability and its orexigenic effect in obese mice and humans.,Nat Commun,4巻 (頁 2685 ~ ) ,2013年10月,Takagi K, Legrand R, Asakawa A, Amitani H, Francois M, Tennoune N, Coeffier M, Claeyssens S, do Rego JC, Dechelotte P, Inui A, Fetissov SO.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Haematopoietic cells produce BDNF and regulate appetite upon migration to the hypothalamus.,Nat Commun,4巻 (頁 1526 ~ ) ,2013年01月,Urabe H, Kojima H, Chan L, Terashima T, Ogawa N, Katagi M, Fujino K, Kumagai A, Kawai H, Asakawa A, Inui A, Yasuda H, Eguchi Y, Oka K, Maegawa H, Kashiwagi A, Kimura H.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Selective serotonin reuptake inhibitors modify physiological gastrointestinal motor activities via 5-HT2c receptor and acyl ghrelin.,Biol Psychiatry,65巻 (頁 748 ~ 759) ,2009年01月,Fujitsuka N, Asakawa A, Hayashi M, Sameshima M, Amitani H, Kojima S, Fujimiya M, Inui A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Role of hepatic STAT3 in brain-insulin action on hepatic glucose production.,Cell Metab,3巻 (頁 267 ~ 275) ,2006年01月,Inoue H, Ogawa W, Asakawa A, Okamoto Y, Nishizawa A, Matsumoto M, Teshigawara K, Matsuki Y, Watanabe E, Hiramatsu R, Notohara K, Katayose K, Okamura H, Kahn CR, Noda T, Takeda K, Akira S, Inui A, Kasuga M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>