基本情報

写真a

浅川 明弘

ASAKAWA Akihiro


職名

教授

研究分野・キーワード

難治・根治・予防・健康増進・アンチエージング・終末期・社会・環境

プロフィール

心身相関、食・運動・睡眠

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座,准教授,2003年04月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,2003年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座,教授,2018年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 全人・統合・個別化医療

  • 心身内科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Good appearance of food gives an appetizing impression and increases cerebral blood flow of frontal pole in healthy subjects.,Int J Food Sci Nutr,2016年,Koyama KI, Amitani H, Adachi R, Morimoto T, Kido M, Taruno Y, Ogata K, Amitani M, Asakawa A, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Acute effects of traditional Japanese alcohol beverages on blood glucose and polysomnography levels in healthy subjects.,PeerJ,2016年,Kido M, Asakawa A, Koyama KK, Takaoka T, Tajima A, Takaoka S, Yoshizaki Y, Okutsu K, Takamine KT, Sameshima Y, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Rosmarinic Acid Ameliorates Hyperglycemia and Insulin Sensitivity in Diabetic Rats, Potentially by Modulating the Expression of PEPCK and GLUT4.,Drug Des Devel Ther,2016年,Runtuwene J, Cheng KC, Asakawa A, Amitani H, Amitani M, Morinaga A, Takimoto Y, Kairupan BH, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Increased ghrelin signaling prolongs survival in mouse models of human aging through activation of sirtuin.,Mol Psychiatry,21巻 (頁 1613 ~ 1623) ,2016年,Fujitsuka N, Asakawa A, Morinaga A, Amitani M, Amitani H, Katsuura G, Sawada Y, Sudo Y, Uezono Y, Mochiki E, Sakata I, Sakai T, Hanazaki K, Yada T, Yakabi K, Sakuma E, Ueki T, Niijima A, Nakagawa K, Okubo N, Takeda H, Asaka M, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Allantoin ameliorates chemically-induced pancreatic β-cell damage through activation of the imidazoline I3 receptors.,PeerJ,2015年,Amitani M, Cheng KC, Asakawa A, Amitani H, Kairupan TS, Sameshima N, Shimizu T, Hashiguchi T, Inui A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>