基本情報

写真a

余 永

YU Yong


職名

教授

研究分野・キーワード

知的マニピュレーション、高感度・高剛性力覚センサ、パワーアシスト、3自由度能動回転関節、多指ハンド把持と操り、アクティブセンシング、医療支援ロボット、工場無人化

ホームページ

http://www.mech.kagoshima-u.ac.jp/kenkyusitsu/yu.html

プロフィール

○ロボットによるグラスプレスマニピュレーションの知的実現 ○新原理の高機能触覚・力覚センサの研究 ○パワーアシストロボットシステムの研究 ○ロボットのパラレル新機構の開発 ○多指ロボットハンドによる対象物の把持と操り ○アクティブな操作による作業情況の推定 ○脳卒中患者リハビリ訓練支援システムの開発 ○食肉加工ロボットシステムの開発 ○段ボール生産工場無人化に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 機械工学専攻,教授,1996年03月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • IEEE,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本小児歯科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • システム制御情報学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本機械学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 計測自動制御学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • リハビリテーション工学

  • 機構学

  • 機械力学

  • 制御工学

  • センサ工学

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Research of Rehabilitation Device for Hemiplegic Knee Flexion Based on Repetitive Facilitation Exercise,Intelligent Robotics and Applications - 9th International Conference, ICIRA 2016 Proceedings, Part II - , Springer (頁 158 ~ 167) ,2016年08月,Yong Yu, Mizuki Kodama, Hirokazu Matsuwaki, Koutaro Taniguchi, Shuji Matsumoto, Hiroko Yamanaka, Isamu Fukuda, Megumi Shimodozono, Kazumi Kawahira

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Clinical Research of Shrinkable Electrical Stimulation and Vibration Stimulus Synchronizing System with DOF Constrainable Mechanism for Hemiplegic Upper Limbs Rehabilitation,Proceedings of 2016 ICME International Conference on Complex Medical Engineering (頁 39) ,2016年08月,Koutaro Taniguchi, Yong Yu, Tomokazu Noma, Hiroko Yamanaka, Isamu Fukuda, Shuji Matsumoto, Megumi Shimodozono, Kazumi Kawahira

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読無し,共著,リハビリテーション科学・福祉工学,知能機械学・機械システム,ヒューマンインターフェース・インタラクション

  • 英語,Production of Effective Stretch Reflex by a Pronation and Supination Function Recovery Training Device for Hemiplegic Forearms,Proc. of 2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (頁 150 ~ 157, <T. J. Tarn Best Paper in Robotics Finalist>) ,2015年12月,Yong Yu, Yosuke Nakanishi, Kazumi Kawahira, Megumi Shimodozono, Ryota Hayashi

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 日本語,促通的振動刺激・筋力補助機能を有する下肢装具装着型片麻痺歩行訓練装置の開発 ,日本ロボット学会誌,33巻 7号 (頁 497 ~ 504) ,2015年09月,余永,遠山達也,下堂薗恵,川平和美,林良太

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Research of Rehabilitation Aid System by DOF Constraintable Mechanism and NMES for Hemiplegic Upper Limbs ,Proc. of 2015 IEEE International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (頁 139 ~ 144) ,2015年07月,Koutaro Taniguchi, Yong Yu, Tomokazu Noma, Ryota Hayashi, Shuji Matsumoto, Megumi Shimodozono, Kazumi Kawahira

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,片麻痺膝屈伸への促進的電気刺激・筋力補助を用いた下肢装具装着型歩行訓練装置の開発(課題番号23500593),平成23年度~25年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書,2014年05月,余永,川平和美,下堂薗恵,林良太

    調査報告書,共著

  • 日本語,指伸展への促通機能を有する片麻痺親指機能回復訓練装置の開発,科学技術振興機構平成24年度研究成果展開事業「A-STEP FSステージ探索タイプ」完了報告書,2013年11月,余永

    調査報告書,単著

  • 日本語,モータの球受均衡配置かつトルクセンシング可能な3自由度能動回転球関節,科学技術振興機構平成23年度知財活用促進ハイウェイ(試験研究費) 終了報告書,2012年04月,余永

    調査報告書,単著

  • 日本語,片麻痺上肢リハビリにおける高速運動可能な上肢自重能動免荷装置の開発,科学技術振興機構平成23年度研究成果展開事業「A-STEP FSステージ探索タイプ」完了報告書,2012年04月,余永

    調査報告書,単著

  • 日本語,目標運動誘発より指随意運動を促通する片麻痺指機能回復訓練システムの開発と臨床応用(課題番号20500454),平成20年度~22年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書,2011年05月,余永,川平和美,下堂薗恵,林良太

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,リハビリテーションロボットに求められるものは?,日本機械学会誌,119巻 1166号 (頁 14 ~ 16) ,2016年01月,川平和美,余永,下堂薗恵

    総説・解説(学術雑誌),共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,麻痺機能回復訓練装置及び麻痺機能回復訓練方法,余 永,川平 和美,仲西 洋介,下堂薗 恵

    出願番号( 2014-122428,2014年06月17日;2016-527897,2016年09月14日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国

  • 特許,呼吸診断装置及び呼吸診断プログラム,余 永,橋詰 拓馬

    出願番号( 2016-155759,2016年08月08日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国

  • 特許,麻痺機能回復訓練装置及び麻痺機能回復訓練方法,余 永,冨山 大輔,川平 和美,下堂薗 恵

    出願番号( 2015-238370,2015年12月07日 ) 公開番号( 2016-112412,2016年06月23日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国

  • 特許,振動装置,余 永,松脇 広和,下堂薗 恵,川平 和美

    出願番号( 2015-170444,2015年08月31日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国

  • 特許,位置特定システム,位置特定方法,及びプログラム,余 永,中間 雄太,近藤 英二,足立 昭彦,中野 高志,鶴丸 勝也,川野 友也,紺屋 隆馬

    出願番号( 2015-142846,2015年07月17日 ) 公開番号( 2017-026374,2017年02月02日 ) ,日本国

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 振動装置,日本,特願2015-170444(2015年8月),2015年08月

    その他

  • 片麻痺運動機能回復訓練装置およびプログラム,日本,特願2015-132802(2015年7月),2015年07月

    その他

  • 麻療機能回復訓練装置及び麻療機能回復訓練方法,日本,特願2014-251358(2014年12月),2014年12月

    その他

  • 無水平負荷式上肢自重免荷訓練装置,日本,特願2014-232842(2014年11月),2014年11月

    その他

  • 立脚能力測定装置,立脚能力評価方法及び立脚能力回復訓練方法,日本,特願2014-155242(2014年7月),2014年07月

    その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度審査委員表彰,2016年09月30日,日本国,その他の賞,独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会,余永

  • T. J. Tarn Best Paper in Robotics Finalist,2015年12月08日,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE Robotics and Automation Society 主催),Yong Yu, Yosuke Nakanishi, Kazumi Kawahira, Megumi Shimodozono, Ryota Hayashi

  • Best Student Award,2015年06月20日,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,2015 ICME International Conference on Complex Medical Engineering,Kotaro Taniguchi, (Yong Yu, as a dortoral advisor)

  • Best Paper in Session Award,2015年03月06日,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,2015 IEEE/IES International Conference on Mechatronics (IEEE Industrial Electronics Society 主催),Koutaro Taniguchi, Yong Yu, Tomokazu Noma, Ryota Hayashi, Shuji Matsumoto, Megumi Shimodozono, Kazumi Kawahira

  • T. J. Tarn Best Paper in Robotics Finalist,2014年12月08日,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,2014 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE Robotics and Automation Society 主催),Yong Yu, Tatsuya Tooyama, Ryota Hayashi, Megumi Shimodozono, Kazumi Kawahira

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構「地方創生!南日本ネットワーク新技術説明会」,その他,2015年07月,東京,片麻痺患者の立脚能力の評価・リハビリ装置の開発,その他

  • The 2015 International Conference on Real-time Computing and Robotics (RCAR 2015), <Invited Talk>,国際会議,2015年06月,中国,Development of Hemiplegic Fingers, Wrist and Shoulder Rehabilitation Robots Based on Repetitive Facilitation Exercise,その他

  • 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’15,国内会議,2015年05月,京都,粘性摩擦の影響を考慮した平面2リンクトルクユニットマニピュレータの姿勢制御―アンローディングにおけるリンクの揺動が姿勢制御に及ぼす影響―,その他

  • 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’15,国内会議,2015年05月,京都,水陸両用レスキュー車の浮行時における操縦支援システム-推進力の制限による操縦性能への影響-,その他

  • 第1回再生医療とリハビリテーション研究会, <招待講演>,その他,2015年03月,広島,促通反復療法に基づく片麻痺指・前腕・上肢の運動機能促通訓練装置の開発,その他

全件表示 >>