基本情報

写真a

吉田 昌弘

YOSHIDA Masahiro


職名

教授

研究分野・キーワード

機能性材料、マイクロカプセル、ナノカプセル、分離、自己修復材料、刺激応答材料、微生物機能、バイオレメディエーション、CO2削減、鉛フリー、機能性ガラス

ホームページ

http://ecp.cen.kagoshima-u.ac.jp/~koubutsu/

特記事項

環境化学プロセス工学科

プロフィール

○カプセル化脱窒細菌を利用する硝酸性窒素汚染地下水源のバイオレメディエーションに関する研究○カプセル化乳酸菌の土壌改良技術への応用○カプセル化サッチ分解菌のサッチ層の除去技術開発○パン酵母固定化マイクロカプセルの不斉還元反応への応用○カプセル化フェロモン農薬製剤の開発○カプセル化殺虫製剤の開発○塗料用マイクロカプセルの開発○外部刺激を利用する高選択分離材料の開発○自己修復機能を材料に付与するインテリジェントマイクロカプセルの開発○潜熱蓄熱材内包マイクロカプセルの開発と二酸化炭素削減技術への応用○ナノ機能カプセルの開発○電子デバイスの封着加工を目指した鉛フリーガラスの開発○消化器系がんのバイオマーカーに関する基礎的研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻,教授,1999年06月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1999年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 粉体工学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 無機マテリアル学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 化学工学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物化学工学

  • 反応分離工学

  • 機能性材料プロセシング

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Use of ANGPTL2 mRNA in formalin-fixed paraffin-embedded tissues as a biomarker to diagnose gastric cancer and evaluate the extent of vascular invasion.,Oncology letters,印刷中巻 ,2016年10月,Takuma YOSHINAGA, Hiroto NISHIMATA, Sadao TANAKA, Emiko HORI, Ayako TOMIYOSHI, Erena TOKUDOME, Takayuki TAKEI, Masahiro YOSHIDA

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Highly efficient encapsulation of ingredients in poly(methyl methacrylate) capsules using a superoleophobic material,Polymers & Polymer Composites,印刷中巻 ,2016年10月,Takayuki TAKEI, Kyotaka ARAKI, Keita TERAZONO, Yoshihiro OZUNO, Gen HAYASE, Kazuyoshi KANAMORI, Kazuki NAKANISHI, Masahiro YOSHIDA

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Review: in vitro formation of vascular-like networks using hydrogels, Journal of Bioscience and Bioengineering,印刷中巻 ,2016年10月,Takayuki TAKEI, Shinji SAKAI, Masahiro YOSHIDA

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Toxic chemical cross-linker-free cryosponges made from chitosan-gluconic acid conjugate for chondrocyte culture,Journal of Chemical Engineering of Japan,印刷中巻 ,2016年10月,Takayuki TAKEI, Hiroki YOSHITOMI, Kohei FUKUMOTO, So Danjo, Takuma YOSHINAGA, Hiroto NISHIMATA, Masahiro YOSHIDA

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,In vitro and in vivo characterization of hydroxyapatite/chitosan-gluconic acid conjugate scaffolds,Journal of Chemical Engineering of Japan,印刷中巻 ,2016年10月,Takayuki TAKEI, Kohei FUKUMOTO, So Danjo, Takuma YOSHINAGA, Hiroto NISHIMATA, Masahiro YOSHIDA

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,化学架橋剤フリーなキトサンクライオゲルの開発と創傷被覆材としての応用( 第4章 生体・バイオ 第13節),ゲルテクノロジーハンドブック, (株)エヌ・ティー・エス,2014年10月,武井 孝行, 吉田 昌弘

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,各種機能性マイクロカプセル粒子の調製と用途開発(第5章機能性微粒子の調製 第3節),懸濁重合における粒子径制御・均一化と不具合対策・機能性粒子調製技術,サイエンス&テクノロジー(株),2014年08月,幡手 泰雄, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 塩盛 弘一郎

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,化学架橋剤フリーなキトサンクライオゲルの開発(第4章 ゲルの産業利用 第4節 医療機器・医療材料),ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発, 技術情報協会,2013年12月,武井 孝行, 吉田 昌弘

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,第7章 ガラス接合・接着技術 3節 バナジウム系の封着加工用鉛フリーガラスの開発,ガラス高機能化への加工技術書 ,2012年09月,吉田昌弘, 武井孝行

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,化学工学科の変遷,化学工学,2012年07月,伊東章, 三谷知世, 宮田秀明, 吉田昌弘, 山際和明, 木村勇雄, 清水忠明, 長谷部伸治, 久保正樹

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,微生物反応を効果的に促進するマイクロカプセル化技術,化学工学,78巻 7号 (頁 473 ~ 476) ,2014年07月,吉田 昌弘, 武井 孝行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,バナジウム系鉛フリーガラスの封着加工技術への応用,セラミックス,48巻 12号 (頁 931 ~ 934) ,2013年12月,吉田昌弘,武井孝行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,冷熱蓄熱エネルギーのマイクロカプセル化技術,高分子,62巻 10号 (頁 605 ~ 606) ,2013年10月,吉田昌弘,武井孝行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,機能性マイクロカプセルの創製と応用,未来材料3号 (頁 40 ~ 46) ,2013年03月,吉田昌弘,武井孝行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,機能性マイクロカプセルの創製と応用,COSMETIC STAGE2号 (頁 37 ~ 41) ,2013年02月,武井孝行,吉田昌弘

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会第80年会, E224,国内会議,2015年03月,東京(芝浦工業大学),自己修復機能を材料に付与するマイクロカプセルの基礎特性および自己修復能力評価,その他

  • 化学工学会第80年会, E222,国内会議,2015年03月,東京(芝浦工業大学) ,高疎水性の剛直なカプセル内に有用物質を超高効率で包括可能な手法の開発,その他

  • 化学工学会第80年会, YC229,国内会議,2015年03月,東京(芝浦工業大学),転相乳化法を用いたフォトクロミック色素を固定化するナノスフェアの開発と基礎特性評価,その他

  • 化学工学会第80年会, YC213,国内会議,2015年03月,東京(芝浦工業大学) ,撥油性材料上を重合場とした超高効率で物質を包括できる新規カプセル調製法の開発,その他

  • 化学工学会 新潟大会2014, O109,国内会議,2014年11月,新潟(新潟大学) ,撥油性材料上を重合場とした高効率で物質を包括できる新規合成樹脂カプセル調製法の開発,その他

全件表示 >>