基本情報

写真a

橋本 達也

HASHIMOTO Tatsuya


職名

教授

研究室住所

鹿児島市郡元1-21-30鹿児島大学総合研究博物館

研究分野・キーワード

考古学,古墳時代,対外交流,金工技術,副葬鉄器,武器武具,文化財科学・博物館学

研究室電話

099-285-7548

研究室FAX

099-285-7267

ホームページ

http://www.museum.kagoshima-u.ac.jp/

プロフィール

古代日本列島の国家形成過程における地域間交流と社会変革に関する研究,考古学による古代東アジアの交流,武器・武具を中心とする副葬鉄器による古墳時代社会の研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 総合研究博物館,助教授,2001年04月 ~ 2007年03月

  • 鹿児島大学 総合科学域共同学系 総合研究博物館,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 考古学研究会,1989年04月 ~ 継続中,日本国

  • 文化財保存全国協議会,1991年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本考古学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本考古学協会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県考古学会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 考古学

  • 文化財科学・博物館学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 学芸員

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,銀装円頭大刀と東アジアの鮫皮柄巻―宮崎県えびの市島内139号地下式横穴墓出土例を中心に―,日本考古学協会第83回総会 発表要旨 (頁 46 ~ 47) ,2017年05月,橋本達也・中野和浩・塚本敏夫・初村武寛

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),査読無し,共著

  • 日本語,諏訪コレクション2―中世の銭貨―,鹿児島大学総合研究博物館Newsletter40号 (頁 16 ~ 17) ,2017年03月,橋本達也

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,宮崎県えびの市島内139号地下式横穴墓の発掘調査概要,日本考古学42号 (頁 99 ~ 109) ,2016年10月,橋本達也,中野和浩

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,考古学

  • 英語,戦後70年と鹿児島の戦跡考古学,鹿児島考古,46巻 (頁 45 ~ 50) ,2016年07月,橋本達也

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著,考古学

  • 日本語,X線CT調査による古墳時代甲冑の分析,日本文化財科学会第33回回大会研究発表要旨集 (頁 74 ~ 75) ,2016年06月,橋本達也・今津節生・河野一隆・赤田昌倫・岸本圭・小嶋篤

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),査読無し,共著,考古学,文化財科学・博物館学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,大隅大崎 神領10号墳の研究 Ⅰ,鹿児島大学総合研究博物館,2016年02月,橋本達也

    単行本(学術書),編著

  • 日本語,成川式土器ってなんだ?―鹿大キャンパスの遺跡から出土する土器―,鹿児島大学総合研究博物館,2015年09月,橋本達也,久住猛雄,辻秀人,広瀬和雄 他

    単行本(学術書),共編著

  • 日本語,衝角付冑・付属具,山の神古墳の研究・九州大学人文科学研究院考古学研究室,2015年03月,橋本達也

    調査報告書,単著

  • 日本語,九州南部の古墳築造と南北周縁域の比較古墳と続縄文文化,古墳と続縄文文化・高志書院,2014年10月,橋本達也

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,九州南部における古墳時代鉄器の基礎的研究,鹿児島大学総合研究博物館,2014年08月,橋本達也・三好裕太郎

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,えびの市島内139号地下式横穴墓 平胡簶,えびの市教育委員会,えびの市歴史民俗資料館解説 (頁 1 ~ 2) ,2017年10月,橋本達也

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,えびの市島内139号地下式横穴墓 銀装円頭大刀・木装長刀・鹿角装鉄剣,えびの市教育委員会,えびの市島内139号地下式横穴墓 (頁 1 ~ 4) ,2016年11月,橋本達也

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,えびの市島内139号地下式横穴墓 銅鏡(倭製盤龍鏡),えびの市教育委員会,えびの市島内139号地下式横穴墓 (頁 1 ~ 2) ,2016年11月,橋本達也

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,えびの市島内139号地下式横穴墓 象嵌鍛冶具の新発見,えびの市教育委員会,えびの市島内139号地下式横穴墓 (頁 1 ~ 4) ,2016年07月,橋本達也

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,旧制鹿児島高等農林学校の底力,鹿児島大学付属図書館,旧制鹿児島高等農林学校の底力,2015年12月,丹羽謙二,上村文,橋本達也 他

    総説・解説(その他),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,古墳時代鉄鏃の変化と地域性に関する数理的解析,松木武彦

  • 基盤研究(B),2014年04月 ~ 2018年03月,X線CT調査による古墳時代甲冑のデジタルアーカイブおよび型式学的新研究,橋本達也

  • 基盤研究(B),2013年04月 ~ 2017年03月,武装具の集積現象と古墳時代中期社会の特質,上野祥史

  • 基盤研究(A),2011年04月 ~ 2015年03月,21世紀初頭における古墳時代歴史像の総括的提示とその国際発信,福永伸哉

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2014年08月,九州南部における古墳時代鉄器の基礎的研究,橋本達也

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 東アジアにおける倭世界の実態,上野祥史,2012年04月 ~ 2015年03月,国立歴史民俗博物館,その他

  • 東アジアにおける小札甲の受容と展開-日本古代の甲冑を中心としてー,塚本敏夫,2012年04月 ~ 2015年03月,元興寺文化財研究所,その他

  • 「雄略朝」期前後における地域社会と人制に関する考古学的研究:北部九州を中心に,辻田淳一郎,2011年04月 ~ 2015年03月,九州大学,その他

  • マロ塚古墳出土品を中心とした古墳時代中期武器武具の研究,杉井健,上野祥史,2004年09月 ~ 2009年03月,国立歴史民俗博物館,その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • X線CT×島内139号地下式横穴墓―X線CT調査による古墳時代甲冑の研究―,国内会議,2017年09月,福岡大学,X線CT調査に夜古墳時代甲冑の研究と島内139号地下式横穴墓の調査,口頭(一般)

  • 日本考古学協会第83回総会,国際会議,2017年05月,大正大学,銀装円頭大刀と東アジアの鮫皮柄巻―宮崎県えびの市島内139号地下式横穴墓出土例を中心に―,口頭(一般)

  • 歴博国際シンポジウム 古代日韓交渉の実態,国際会議,2016年03月,国立歴史民俗博物館,古墳時代中期の武装具体系とその意義,口頭(一般)

  • 東シナ海と稲作漁労・弥生文化,国内会議,2016年01月,佐賀県生涯学習センターアバンセ,パネルディスカッション 九州と長江文明,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本考古学協会第81回総会,国内会議,2015年05月,帝京大学,古墳時代中期における金銅装甲冑の再検討―徳島県小松島市田浦出土品の再発見と子安観音古墳―,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県考古学会,幹事,2011年08月 ~ 継続中

  • 文化財保存全国協議会,全国委員,2006年04月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 島内139号墓の調査とその後の新発見―平胡簶・馬具・小刀群を中心に―,2017年10月

  • 島内171・172号地下式横穴墓調査指導・協力,2017年09月 ~ 2017年10月

  • 鉄から読み解く鹿児島の古墳時代,2017年07月

  • 島内139号墓の調査とその後の新発見―刀剣を中心に―,2016年12月

  • 飯隈鷲塚24・25号地下式横穴墓調査指導・協力,2016年12月

全件表示 >>