2021/09/11 更新

写真a

ナカムラ ヒロヒコ
中村 啓彦
NAKAMURA Hirohiko
所属
農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(理学) ( 1995年9月   北海道大学 )

研究キーワード

  • 海水の動態,水塊の分布,海洋の観測,地球流体力学

学歴

  • 北海道大学   地球物理学

    - 1995年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 水圏科学分野   教授

    2016年5月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 水圏科学分野   准教授

    1996年4月 - 2016年4月

所属学協会

  • American Geophysical Union (AGU)

    2006年10月 - 現在

  • 日本海洋学会

    1991年10月 - 現在

 

論文

  • Liu, Z.-J., Zhu, X.-H., Nakamura, H., Nishina, A., Wang, M., & Zheng, H. .  Comprehensive observational features for the Kuroshio transport decreasing trend during a recent global warming hiatus .  Geophysical Research Letters48   2021年9月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1029/2021GL094169

  • Takeyoshi Nagai, Daisuke Hasegawa, Eisuke Tsutsumi, Hirohiko Nakamura, Ayako Nishina, Tomoharu Senjyu, Takahiro Endoh, Takeshi Matsuno, Ryuichiro Inoue, Amit Tandon .  The Kuroshio flowing over seamounts and associated submesoscale flows drive 100-km-wide 100-1000-fold enhancement of turbulence .  COMMUNICATIONS EARTH & ENVIRONMENT2 ( 1 )   2021年8月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s43247-021-00230-7

    DOI: https://doi.org/10.1038/s43247-021-00230-7

  • Zhang Z.-L, Nakamura H, Zhu X.-H .  Seasonal velocity variations over the entire Kuroshio path part II: dynamical interpretation for the current speed variation .  Journal of Oceanography   2021年4月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zhen-Long Zhang, Hirohiko Nakamura, Xiao-Hua Zhu .  Seasonal velocity variations over the entire Kuroshio path part I: data analysis and numerical experiments .  Journal of Oceanography   2021年4月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • D. Hasegawa, T. Matsuno, E. Tsutsumi, T. Senjyu, T. Endoh, T. Tanaka, N. Yoshie, H. Nakamura, A. Nishina, T. Kobari, T. Nagai, X. Guo .  How a small reef in the Kuroshio cultivates the ocean .  Geophysical Research Letters48 ( 7 )   2021年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020GL092063

  • Nakamura, H., R. Inoue, A. Nishina, and T. Nakano .  Seasonal variations in salinity of the North Pacific Intermediate Water and vertical mixing intensity over the Okinawa Trough .  Journal of Oceanography77   199 - 213   2020年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Oceanographic Society of Japan and Springer Nature Singapore Pte Ltd.  

    DOI: 10.1007/s10872-020-00585-z

  • Inoue, R., Tanaka, T., Nakamura, H.,Yanagimoto, D., Fujio, S., and Yasuda, I. .  Microstructure and mooring observations of enhanced mixing in the Kerama Gap .  Journal of Geophysical Research: Oceans   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2019JC015553

  • Zheng Hua, Zhu Xiao-Hua, Nakamura Hirohiko, Park Jae-Hun, Jeon Chanhyung, Zhao Ruixiang, Nishina Ayako, Zhang Chuanzheng, Na Hanna, Zhu Ze-Nan, Min Hong-Sik .  Generation and propagation of 21-day bottom pressure variability driven by wind stress curl in the East China Sea .  Acta Oceanologica Sinica39 ( 7 ) 91 - 116   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13131-020-1603-3

  • Hirohiko Nakamura .  Changing Kuroshio and Its Affected Shelf Sea: A Physical View. In: Chen CT., Guo X. (eds) Changing Asia-Pacific Marginal Seas .  Atmosphere, Earth, Ocean & Space. Springer   265 - 305   2020年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-981-15-4886-4_15

  • Z.-J. Liu, X.-H. Zhu, M. Wang, M. Chen, H. Zheng, H. Nakamura, A. Nishina, and J.-H. Park .  Variability of the Deep Overflow through the Kerama Gap Revealed by Observational Data and Global Ocean Reanalysis .  J. Mar. Sci. Eng.   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.3390/jmse8060402

  • Ruixiang Zhao, Hirohiko Nakamura, Xiao-Hua Zhu, Jae-Hun Park, Ayako Nishina, et al. .  Tempo-spatial variations of the Ryukyu Current southeast of Miyakojima Island determined from mooring observations .  Scientific Reports   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Research  

    DOI: doi.org/10.1038/s41598-020-63836-5

  • T. Kobari, T. Honma, D. Hasegawa, N. Yoshie, E. Tsutsumi, T. Matsuno, T. Nagai, T. Kanayama, F. Karu, K. Suzuki, T. Tanaka, X. Guo, G. Kume, A. Nishina and H. Nakamura .  Phytoplankton productivity and rapid trophic transfer to microzooplankton stimulated by turbulent nitrate flux in oligotrophic Kuroshio Current .  Biogeosciences   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:the European Geosciences Union  

    DOI: doi.org/10.5194/bg-2019-377

  • Liu, Z.‐J., Nakamura, H., Zhu, X.‐H.,Nishina, A., Guo, X., and Dong,M. .  Tempo‐spatial variations of the Kuroshio current in the Tokara Strait based on long‐term ferryboat ADCP data .  Journal of Geophysical Research: Oceans   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Geophysical Union  

    DOI: 10.1029/2018JC014771

  • Jeon., C, J.-H. Park, H. Nakamura, A. Nishina, X.-H. Zhu, D.-G. Kim, H.-S. Min, S.-K. Kang, H. Na, and N. Hirose .  Poleward-propagating near-inertial waves enabled by the western boundary current .  Scientific Reports   2019年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:natureresearch  

    DOI: 10.1038/s41598-019-46364-9

  • 石川和雄,伊藤幸彦,中村啓彦,仁科文子,齋藤友則,渡慶次力 .  アカアマダイ卵・仔稚魚の東シナ海から宮崎県沿岸域への輸送に関する粒子追跡実験 .  水産海洋研究83 ( 2 ) 93 - 103   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:水産海洋学会  

  • 阿部美穂子・小針 統・本間 大賀・金山健・加留福太郎・吉江 直樹・長谷川大介・仁科 文子・内山 正樹・東隆文・中村 啓彦 .  トカラ海峡上流域から下流域におけるプランクトン群集組成,現存量および生産力の変化 .  沿岸海洋研究57 ( 1 ) 65 - 72   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本海洋学会 沿岸海洋研究会  

  • 長谷川大介・田中雄大・松野健・千手智晴・堤英輔・中村啓彦・仁科文子・小針統・吉江直樹・郭新宇・長井健容・奥西武・安田一郎 .  センサによる硝酸塩鉛直乱流拡散フラックスの計測 .  沿岸海洋研究57 ( 1 ) 59 - 64   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本海洋学会 沿岸海洋部会  

  • 山城徹, 山田博資, 広瀬直毅, 長濱匡, 中村啓彦, 仁科文子, 内山正樹, 上宇都瑞季 .  海流発電に関連した非大蛇行期における潮岬沖の黒潮の現地観測 .  土木学会論文集B3(海洋開発)74 ( 2 ) I-928 - I-933   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagai, T., D. Hasegawa, T. Tanaka, H. Nakamura, E. Tsutsumi, R. Inoue and T. Yamashiro .  First Evidence of Coherent Bands of Strong Turbulent Layers Associated with High-Wavenumber Internal-Wave Shear in the Upstream Kuroshio .  Scientific Reports7 ( 14555 )   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publication Group  

    DOI: doi:10.1038/s41598-017-15167-1

  • Liu, Z.-J., H. Nakamura, X.-H. Zhu, A. Nishina, and M. Dong .  Tidal and residual currents across the northern Ryukyu Island chain observed by ferryboat ADCP .  J. Geophys. Res. Oceans122   1 - 20   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Geophysical Union  

    DOI: 10.1002/2017JC012876

  • Tsutsumi, E., T. Matsuno, R.-C. Lien, H. Nakamura, T. Senjyu, and X. Guo .  Turbulent mixing within the Kuroshio in the Tokara Strait .  J. Geophys. Res. Oceans122   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Geophysical Union  

    DOI: doi:10.1002/2017JC013049

  • 中村啓彦 .  黒潮の流路・流量変動の研究─源流域から九州東岸まで─ .  海の研究26 ( 4 ) 113 - 147   2017年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本海洋学会  

  • Zhu, X.-H., H. Nakamura, M. Dong,A. Nishina, and T. Yamashiro .  Tidal currents and Kuroshio transport variations in the Tokara Strait estimated from ferryboat ADCP data .  J. Geophys. Res. Oceans   2017年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2016JC012329

  • Kawai, Y., Q. Moteki, A. Kuwano-Yoshida, T. Enomoto, A. Manda, and H. Nakamura .  Impact propagation of radiosonde data assimilation over the Kuroshio and Kuroshio Extension: Case study on the early summer (Baiu) in 2012 .  Journal of the Meteorological Society of Japan95 ( 2 ) 71 - 90   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2151/jmsj.2017-004

  • Nishina, A., H. Nakamura, J.-H. Park,D. Hasegawa, Y. Tanaka, S. Seo, and T. Hibiya .  Deep ventilation in the Okinawa Trough induced by Kerama Gap overflow .  Journal of Geophysical Research: Oceans121   1 - 11   2016年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Geophysical Union  

    DOI: 10.1002/2016JC011822

  • Y., Zhitao, E. J. Metz, P. Thoppil, H. E.Hurlburt, L. Zamudio, O. M. Smedstad, H. Na, H. Nakamuraf, and J.-H. Park .  Seasonal cycle of volume transport through Kerama Gap revealed by a 20-year global HYbrid Coordinate Ocean Model reanalysis .  Ocean Modelling96   203 - 213   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirohiko Nakamura, Riku Hiranaka, Daisuke Ambe, Tsutomu Saito .  Local wind effect on the Kuroshio path state off the southeastern coast of Kyushu .  Journal of Oceanography71 ( 5 ) 575 - 596   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10872-015-0309-1

  • Kenki Kasamo,Atsuhiko Isobe, Shoshiro Minobe, Atsuyoshi Manda, Hirohiko Nakamura, Koto Ogata, Hatsumi Nishikawa, Yoshihiro Tachibana,and Shin'ichiro Kako .  Transient and local weakening of surface winds observed above the Kuroshio front in the winter East China Sea .  J. Geophys. Res. Atmospheres119 ( 3 ) 1277 - 1291   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanna Na, Mark Wimbush, Jae-Hun Park, Hirohiko Nakamura, and Ayako Nishina .  Observations of flow variability through the Kerama Gap between the East China Sea and the Northwestern Pacific .  J. Geophys. Res.119   689 - 703   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, H., A. Nishina, Z. Liu, F. Tanaka, M. Wimbush and J.-H. Park .  Intermediate and Deep Water Formation in the Okinawa Trough .  J. Geophys. Res.118 ( 12 ) 6881 - 6893   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, H., A. NIshina, and S. Minobe .  Response of storm tracks to bimodal Kuroshio path states south of Japan .  Journal of Climate25 ( DOI: 10.1175/JCLI-D-12-00326.1 ) 7772 - 7779   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, H., A. Nishina, K. Tabata, M. Higashi, A. Habano, and T. Yamashiro .  Surface velocity time series derived from satellite altimetry data in a section across the Kuroshio southwest of Kyushu .  J. Oceanogra.doi: 10.1007/s10872-012-0101-4   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 永松哲郎、中村啓彦、野元達美、中尾智 .  海底構造物によって誘起される人工湧昇流の可視化実験 .  鹿児島大学水産学部紀要60   25 - 32   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 高田雅司・山城徹・城本一義・中村啓彦・内山正樹・福田隆二・仁科文子 .  混合期における鹿児島湾への外洋水の流入特性について .  土木学会論文集B3(海洋開発)67 ( 4 ) 715 - 720   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, H., M. Nonaka, and H. Sasaki .  Seasonality of the Kuroshio path destabilization phenomenon in the Okinawa Trough: A numerical study of its mechanism .  J. Phys. Oceanogra. 40 ( doi: 10.1175/2009JPO4156.1. ) 530 - 550   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Andres, M., J. Park, M. Wimbush, X. Zhu, H. Nakamura, K. Kim, and K. Chang .  Manifestation of the Pacific Decadal Oscillation in the Kuroshio .  Geophys. Res. Lett.36 ( L16602 ) doi:10.1029/2009GL039216   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kakinoki, K., S. Imawaki, H. Uchida, H. Nakamura, K. Ichikawa, S. Umatani, A. Nishina, H. Ichikawa and M. Wimbush .  Sea-surface dynamic height and geostrophic transport of the Kuroshio south of Japan estimated from inverted echo sounders .  J. Oceanogra.64   373 - 384   2008年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, H., A. Nishina, H. Ichikawa, M. Nonaka, and H. Sasaki .  Deep countercurrent beneath the Kuroshio in the Okinawa Trough .  J. Geophys. Res.113 ( C06030 ) doi:10.1029/2007JC004574   2008年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, H., H. Ichikawa, and A. Nishina .  Numerical study of the dynamics of the Ryukyu Current system .  J. Geophys. Res112 ( C04016 ) doi:10.1029/2006JC003595   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura H., T. Yamashiro, A. Nishina, H. Ichikawa .  Time-frequency variability of Kuroshio meanders in Tokara Strait .  Geophys. Res. Lett.L21605   doi:10.1029/2006GL027516   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kakinoki K., S. Imawaki, H. Uchida, H. Nakamura, S. Umatani, A. Nishina, H. Ichikawa, M. Wimbush .  Sea-surface Dynamic height of the Kuroshio south of Japan estimated from inverted echo sounders and its error estimation .  Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University130   11 - 20   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中村啓彦, 市川洋, 仁科文子 .  琉球海流系の力学 .  九州大学応用力学研究所 研究集会報告17ME-S4   104 - 118   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura H .  Numerical study on the Kuroshio path states in the northern Okinawa Trough of the East China Sea .  J. Geophys. Res.110 ( C04003 ) doi: 10.1029/2004JC002656   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitsudera H., B. Taguchi, Y. Yoshikawa, H. Nakamura, T. Waseda, T. Qu .  Numerical study on the Oyashio water pathways in the Kuroshio-Oyashio confluence .  J. Phys. Oceanogr.34   1174 - 1196   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichikawa H, H. Nakamura, A. Nishina, M. Higashi .  Variability of northeastward current southeast of northern Ryukyu Islands .  J. Oceanogr.60   351 - 363   2004年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamachi M., T. Kuragano, H. Ichikawa, H. Nakamura, A. Nishina, A. Isobe, D. Ambe, M. Arai, N. Gohda, S. Sugimoto, K. Yoshita, T. Sakurai, F. Uboldi .  Operational data assimilation system for the Kuroshio south of Japan: Reanalysis and validation .  J. Oceanogr.60   303 - 312   2004年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirihiko Nakamura .  Simple model prediction of horizontal temperature fields in the Subtropical-Subpolar system caused by sudden change in wind stress curl .  Journal of Physical Oceanography28   1578 - 1597   1998年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirohiko Nakamura .  A pycnostad on the bottom of the ventilated portion in the central subtropical North Pacific: its distribution and formation .  Journal of Oceanography52   171 - 188   1996年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • The Kuroshio around the Tokara Strait, in "The Tokara Islands", edited by Y. Otsuka, R. Terada, and S. Nishimura

    Hirohiko Nakamura( 担当: 分担執筆)

    Kagoshima University International Center for Island Studies  2020年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:163   担当ページ:142-152   記述言語:英語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • The Kuroshio -its physical aspect and roles in Kagoshima's nature and culture-, The islands of Kagoshima: culture, society, industry and nature, Edited by K.Kawai, R.Terada, and S.Kuwahara

    Hirohiko Nakamura( 担当: 分担執筆)

    Kagoshima University Research Center for the Pacific Islands  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:118-127   記述言語:英語 著書種別:一般書・啓蒙書

MISC

  • 黒潮大蛇行の南岸低気圧への影響 査読

    中村啓彦・早崎将光・見延庄士郎

    気象研究ノート   ( 240 )   200 - 210   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本気象学会  

  • 沖縄トラフの海水循環の物理プロセス研究

    中村啓彦・仁科文子・東政能・内山正樹・幅野明正・市川洋

    月刊海洋   44 ( 12 )   642 - 647   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 係留系による観測 -黒潮研究における歴史と意義-

    中村啓彦

    月刊海洋   40 ( 3 )   19 - 25   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 東シナ海およびトカラ海峡での黒潮の変動

    中村啓彦, 仁科文子, 市川香市川洋, Heung-Jae Lie

    月刊海洋/号外   37   106 - 126   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 奄美大島南東海域における琉球海流系の変動

    市川洋, 中村啓彦, 仁科文子, 東政能

    月刊海洋/号外   37   127 - 142   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • IES観測による四国沖黒潮域の海面力学高度の時間変化の推定

    柿木康児, 今脇資郎, 内田裕, 中村啓彦, 馬谷紳一郎, 仁科文子, 市川洋, Mark Wimbush

    月刊海洋/号外   37   30 - 40   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 中村啓彦, 仁科文子, 市川洋, 安倍大介 .  トカラ海峡の流れの季節変動特性: 「フェリーなみのうえ」ADCP流速データセットの解析 .  2014年度日本海洋学会春季大会  2014年度日本海洋学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京海洋大学  

    国内学会

  • 中村啓彦,仁科文子,嶋田陽一 .  海洋再生可能エネルギーの実現に向けて:トカラ海峡の流れ、風、波浪 .  2013年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム  2013年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    その他

  • Nakamura, H., A. Nishina, F. Tanaka, Z. Liu, M. Wimbush, and J.-H. Park .  Formation processes of intermediate and deep waters in the Okinawa trough .  The 17th PAMS (Pacific-Asian Marginal Seas) Meeting  The 17th PAMS (Pacific-Asian Marginal Seas) Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語  

    開催地:Hangzhou (China)  

    国際学会

  • 田中史代、中村啓彦、仁科文子 .  フィリピン海から東シナ海へ流入する中層水の移流経路と変質過程 .  2013年度日本海洋学会春季大会  2013年度日本海洋学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Zhaojun Liu, Hirohiko Nakamura, Ayako Nishina, Jae-Hun Park, Mark Wimbush .  The Influence of Topographic Control on Deep Overflow of the Kerama Gap .  the AGU 2012 Fall Meeting  the AGU 2012 Fall Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語  

    開催地:San Francisco, California, USA  

    国際学会

  • Nakamura, H., A. Nishina, S. Minobe .  Response of storm tracks to bimodal Kuroshio path states south of Japan .  the AGU 2012 Fall Meeting  the AGU 2012 Fall Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語  

    開催地:San Francisco, California, USA  

    国際学会

  • Zhaojun Liu, Hirohiko Nakamura, Ayako Nishina, Jae-Hun Park, Mark Wimbush .  The Influence of Topographic Control on Deep Overflow of the Kerama Gap .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡県静岡市 東海大学清水校舎  

    国内学会

  • 中村啓彦,仁科文子 .  沖縄トラフの海洋物理プロセス研究の紹介と将来展開 .  東京大学海洋研究所共同利用研究集会 「アルゴ時代の海洋物理船舶観測」  東京大学海洋研究所共同利用研究集会 「アルゴ時代の海洋物理船舶観測」

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉県柏市 東京大学大気海洋研究所(柏キャンパス)  

    研究会

  • 中村啓彦、仁科文子、尻無濱洋敬 .  黒潮大蛇行と非大蛇行が南岸低気圧の経路・発達率に与える影響 .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:筑波大学第2エリア  

    国内学会

  • Hirohiko Nakamura, Zhaojun Liu, Ayako Nishina, Mark Wimbush and Jae-Hun Park .  Deep Overflow Through the Kerama Gap Connecting the East China Sea and the Philippine Sea .  The 2012 Ocean Science Meeting  The 2012 Ocean Science Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語  

    開催地:Salt Lake City, Utah, USA  

    国際学会

  • 中村啓彦、劉昭君、仁科文子、Mark Wimbush、Jae-Hun Park .  ケラマギャップ通過流の観測 .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州大学 筑紫キャンパス  

    国内学会

  • 中村 啓彦、仁科文子、山城徹、田畑光太郎 .  北部沖縄トラフの黒潮流路変動 ―係留観測データと衛星海面高度計データの比較― .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道網走市 東京農業大学生物産業学部アクアバイオ学科  

    国内学会

  • Hirohiko Nakamura, Ayako Nishina, and Toru Yamashiro .  Formation mechanism of the Kuroshio small meander off the southeastern coast of Kyushu: Stochastic resonance on the seasonal cycle .  the 2010 Ocean Sciences Meeting  the 2010 Ocean Sciences Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語  

    開催地:Portland, Oregon, at the Oregon Convention Center  

    国際学会

  • 中村啓彦、仁科文子、山城徹、古川洋一郎 .  黒潮小蛇行の発生頻度の季節的偏り ---その原因の考察--- .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都大学  

    国内学会

  • Hirohiko Nakamura, Masami Nonaka, Hideharu Sasaki .  Seasonality of the Kuroshio path destabilization in the Okinawa Trough .  OFES International Workshop  OFES International Workshop国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語  

    開催地:横浜  

    国際学会

  • 中村啓彦、野中正美、佐々木英治 .  北部沖縄トラフでの冬春期における黒潮の不安定化 -OFESデータによるメカニズムの解析ー .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 中村 啓彦 .  北部沖縄トラフでの冬春期における黒潮の不安定化 ―OFESデータによるメカニズムの解析― .  日本海洋学会春季大会  日本海洋学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:琉球大学  

    国内学会

  • 中村 啓彦 .  東シナ海の黒潮直下の大陸棚斜面反流-OFESデータの解析- .  日本海洋学会秋季大会  日本海洋学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:琉球大学  

    国内学会

  • 中村 啓彦 .  係留系による観測-黒潮研究における歴史と意義- .  日本海洋学会秋季大会(シンポジウム東シナ海における海洋観測のこれからについて)  日本海洋学会秋季大会(シンポジウム東シナ海における海洋観測のこれからについて)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:琉球大学  

    国内学会

  • 中村啓彦 .  東シナ海の黒潮直下の大陸棚斜面反流 .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • Hirohiko Nakamura .  Time-frequency variability of the Kuroshio meanders in Tokara Strait .  American Geophysical Union  American Geophysical Union国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語  

    開催地:San Francisco  

    国際学会

  • 中村啓彦 .  トカラ海峡での黒潮流軸位置の時系列の非定常性 .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋市  

    国内学会

  • 中村啓彦 .  琉球海流系の力学 .  地球流体力学研究集会  地球流体力学研究集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    研究会

  • 中村啓彦 .  九州南西海域での黒潮流路の変動システム .  日本海洋学会西南支部・海洋気象学会・水産海洋学会合同シンポジウム  日本海洋学会西南支部・海洋気象学会・水産海洋学会合同シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:鹿児島市  

    シンポジウム

  • 中村啓彦 .  琉球海流系の力学ー流量はいかのきめられているか??? .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • Hirohiko Nakamura .  A numerical study of the dynamics of the Ryukyu Current System .  Dynamic Planet 2005  Dynamic Planet 2005国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Cairns  

    国際学会

  • 中村啓彦 .  陸棚波に起因する琉球海流の形成メカニズム .  日本海洋学会  日本海洋学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:松山市  

    国内学会

  • Hirohiko Nakamura .  The Kuroshio path states in the northern Okinawa Trough of the East China Sea: Observations and numerical experiments .  Annual meeting of Asia Oceania Geosciences Society  Annual meeting of Asia Oceania Geosciences Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Singapore  

    国際学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 東アジアモンスーンが励起するマルチスケール黒潮変動

    研究課題/領域番号:21H01157  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 黒潮の経年・10年規模変動とその水温場への影響 ―東シナ海中心の全流路解析―

    2020年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

  • 黒潮とその源流域における混合過程・栄養塩輸送と生態系の基礎構造の解明

    2015年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

  • 琉球海流の力学過程と物質輸送過程の解明

    2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 黒潮と琉球海流に関する流れと水質の実態調査

    2014年10月 - 2017年11月

    一般受託研究 

  • 鹿児島県トカラ列島近海での海流流速計測

    2014年4月 - 2015年3月

    民間企業  一般受託研究 

    中村啓彦

      詳細を見る

    三菱重工業株式会社が新エネルギー・産業技術総合開発機構との間で平成26年2月10日に締結した「風力等自然エネルギー技術研究開発/海洋エネルギー技術研究開発/次世代海洋エネルギー発電技術研究開発(海中浮体式海流発電)」に関する共同研究契約書に基づき実施する研究のうち、海中浮体式海流発電装置の実証試験候補地を検討する資料を得る。

  • ケラマギャップ通過流の観測

    2009年4月 - 2012年3月

    受託研究費  一般受託研究 

    中村啓彦

      詳細を見る

    Collaborative work to be carried out by Kagoshima University under subcontract from the University of Rhode Island

▼全件表示