基本情報

写真a

髙峯 和則

TAKAMINE Kazunori


職名

教授

研究分野・キーワード

焼酎、発酵、醸造、微生物の育種・開発

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  農学部  農芸化学科

    大学,1987年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 熊本大学  工学研究科

    博士課程,2005年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),触媒・資源化学プロセス,熊本大学,課程,2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 附属焼酎・発酵学教育研究センター 焼酎製造学,教授,2006年04月 ~ 2016年03月

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 先端応用生命科学, ,2006年04月 ~ 2016年03月

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 附属焼酎・発酵学教育研究センター 焼酎製造学,教授,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本応用糖質科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本醸造学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生物工学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 焼酎製造学

  • 醸造学

  • 発酵工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effect of Maturation Time on Koji-like Smell and Volatile Compounds of Barley Miso (Japanese Soybean Paste) during Fermentation,Food Sci. Technol. Res.,25巻 (頁 313 ~ 319) ,2019年09月,Kojo T, Kawai M, Shiraishi Y, Kurazono S, Kadooka C, Okutsu K, Yoshizaki Y, IKenaga M, Futagami T, Takamine K and Tamaki H,

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 日本語,異なる麹菌を用いた本格焼酎の酒質の多様化,日本醸造学会誌,113巻 12号 (頁 757 ~ 767) ,2018年12月,白石洋平、原口愛美、村田梨恵、久遼馬、奥津果優、吉﨑由美子、二神泰基、玉置尚徳、和久豊、髙峯和則

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,プロテアーゼまたは細胞壁分解酵素製剤添加による紅麹焼酎製造法の改良,日本醸造協会誌,113巻 4号 (頁 265 ~ 272) ,2018年04月,吉﨑由美子, 奥津果優, 二神泰基, 玉置尚徳, 鮫島吉廣, 髙峯和則

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,芋焼酎の発酵および酒質に及ぼす二次醪pHの影響,日本醸造協会誌,2018年,髙峯和則、小島舞、奥津果優、二神泰基、玉置尚徳、吉崎由美子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,栽培期間がサツマイモの品質及び芋焼酎の酒質に及ぼす影響,日本醸造協会誌,112巻 8号 (頁 543 ~ 549) ,2017年08月,奥津果優,吉﨑由美子,髙峯和則

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Sweet Potato,Academic press,2019年04月,Kazunori TAKAMINE

    単行本(学術書),Chapter 5 Sweet potato dietary fiber , 117-148, Chapter 12 Sweet potato fermentation food (sweet potato shochu), ,共著

  • 日本語,発酵と醸造のいろは,(株)エヌ・ティー・エス,2017年10月,高峯和則 他

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,本格焼酎の化学,化学と教育,2016年,高峯和則 他

    その他,単著

  • 日本語,発酵食品学,講談社,2012年,高峯和則

    単行本(学術書),分担執筆

  • 日本語,醤油用低温発酵性酵母の育種開発,鹿児島県工業技術センター(Kagoshima Prefectual Institute of Industrial Technology),2006年01月,安藤義則、狩行 勲、亀澤浩幸、下野かおり、高峯和則、日高 修

    調査報告書,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島県におけるいも焼酎生産の現状と展望,いも類振興情報,141巻 (頁 2 ~ 6) ,2019年10月,髙峯和則

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,本格焼酎技術,FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN,214巻 1号 (頁 4 ~ 12) ,2009年01月,高峯和則

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,芋焼酎の風味に寄与する因子について,日本醸造協会誌(Journal of the Brewing Society of Japan),103巻 8号 (頁 601 ~ 606) ,2008年08月,高峯和則、鮫島吉廣

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,いも焼酎の品質はだれが決定している?,日本生物工学会,86巻 1号 (頁 20) ,2008年01月,高峯和則

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,繊維分解酵素を用いた本格いも焼酎の製造に関する研究.,食品と技術,398巻 ※号 (頁 14 ~ 16) ,2004年01月,高峯和則(takaminekazunori)

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,黒糖焼酎製造法,奥津,髙峯,吉﨑,直

    出願番号( 特願2017-022378,2017年02月09日 ) ,日本国

  • 特許,酵素製剤を用いた紅麹焼酎製造法,髙峯,吉﨑,奥津

    出願番号( 特願2016-238357,2016年12月08日 ) ,日本国,あり

  • 特許,プロテアーゼを用いた焼酎の製造法,髙峯和則、吉崎由美子

    出願番号( 特願2016-33746,2016年10月10日 ) ,日本国,あり

  • 特許,アルコール製造、アルコール製造法およびプログラム,小山圭一、高峯和則、小林領太、三井好古

    出願番号( 特願2015-112672,2015年06月02日 ) ,日本国,あり

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会大会,国内会議,2017年09月,東京,本格焼酎の製造技術の独自性,酒質の多様化および機能性,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本醸造学会大会,国内会議,2016年10月,中国の伝統的な麹を用いた新しい乳酒製造の可能性,口頭(一般)

  • 日本生物工学会九州支部,国内会議,2014年12月,熊本大学工学部,韓国麹「ヌルク」から単離した酵母の発酵特性,その他

  • 平成26年度農研機構シンポジウム(第6回「日中韓サツマイモワークショップ」),国際会議,2014年11月,鹿児島県民交流センター (鹿児島),Effects of harvest and storage times of sweet potatoes on flavor of sweet potato shochu. ,その他

  • 日本醸造学会,国際会議,2014年10月,北とぴあ(東京),サツマイモ収穫時期および貯蔵期間が芋焼酎の酒質に及ぼす影響,その他

全件表示 >>