基本情報

写真a

渋井 進

SHIBUI Susumu


研究分野・キーワード

顔、大学評価

プロフィール

顔表情の識別課程に関する心理学的プロセスの解明顔グラフの開発と大学評価支援への活用大学評価システムの検証と開発

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 学内共同教育研究学域学内共同教育研究学系 教育センター 高等教育研究開発部,准教授,2012年04月 ~ 2015年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Association for Institutional Research,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 美術解剖学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 電子情報通信学会(HIP専門委員、HCS専門委員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顔学会(理事補佐、編集委員長),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心理学会(代議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

  • 認知心理学

  • 大学評価

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Investigation of indicators for measuring the effectiveness of credit hour system from university evaluation reports,Proceedings of the International Congress of the Applied Psychology,CD-ROM巻 ,2014年07月,SHIBUI Susumu, NODA Ayana

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 日本語,鹿児島大学におけるIRの現状と今後へ向けて,鹿児島大学教育センター年報,10巻 (頁 25 ~ 31) ,2013年10月,渋井進

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 英語,Challenges of accreditation to enhance the credit hour system in Japan,Proceedings of the Hawaii International Conference on Education 2013 (頁 921 ~ 945) ,2013年01月,NODA Ayaka, SHIBUI Susumu

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Investigation of indicators of learning outcomes from the university evaluation reports,International Journal of Psychology,47巻 Supplement号 (頁 314 ~ ) ,2012年07月,SHIBUI Susumu, KIM SoungHee, HAYASHI Takayuki, IDA Masaaki

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Document Analysis and Stability for Comprehension of University Evaluation Reports,International Journal of Innovation, Management and Technology,3巻 2号 (頁 106 ~ 111) ,2012年04月,IDA Masaaki, SHIBUI Susumu

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,学習成果の測定と活用-進取の気風あふれる大学へ向けて-,鹿児島大学教育センター年報,2012年10月,渋井進

    調査報告書,単著

  • 日本語,大学評価のメタ評価に関する調査研究報告書,独立行政法人 大学評価・学位授与機構 研究開発部,2012年04月,林隆之,野田文香,渋井進

    調査報告書,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島大学の顔,鹿児島大学教育センター年報9号 (頁 45 ~ 46) ,2012年10月,渋井進

    総説・解説(学術雑誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会HCS研究会,国内会議,2015年03月,金沢,評価の効率化のための大学と評価者のコミュニケーション支援システム,その他

  • 日本心理学会第78回大会,国内会議,2014年09月,京都,「単位の実質化」に関する評価結果報告書の内容分析,その他

  • 神戸大学 評価・IRシンポジウム,その他,2014年08月,兵庫,学習成果測定に係る取組~IRコンソーシアム加盟校の現状と課題~,その他

  • International Congress of the Applied Psychology,国際会議,2014年07月,フランス,Investigation of indicators for measuring the effectiveness of credit hour system from university evaluation reports,その他

  • 2014年電子情報通信学会総合大会,国内会議,2014年03月,新潟,評価支援へ向けた「単位の実質化」に関する指標の視覚化,その他

全件表示 >>