基本情報

写真a

侯 德興

HOU De-Xing


職名

教授

生年

1959年

研究室住所

鹿児島市郡元1丁目21番24号 鹿児島大学農学部食品分子機能学研

研究分野・キーワード

天然化合物、作用分子機構、DNA マイクロアレイ、細胞信号伝達、転写制御、抗酸化と解毒、炎症制御、アポトーシス

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-285-8649

研究室FAX

099-285-8649

特記事項

プロフィール

1981年 中国湖南農業大学 卒業
1982年 同上  助手
1985年 鹿児島大学農学研究科 研究生
1988年 同上  修士課程 修了(農学修士)
1991年 同上  博士課程 修了(農学博士)

1991年 理化学研究所 博士研究員 

1997年 鹿児島大学 助教授 農学部
  (2006年 東京大学大学院 薬学系研究科 博士(薬学)
   2006年 米国国立癌研究所、コーネル大学、ピッツバーグ大学
        文科省在外研究員)

2011年~現在 鹿児島大学 教授 農学部

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 食品機能化学,教授,1997年11月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 先端応用生命科学, ,1997年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本フードファクター学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本農芸化学会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本食品科学工学学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本栄養・食糧学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本栄養・食糧学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 食品科学

  • ケミカルバイオロジー

  • 応用分子細胞生物学

  • 動物生産科学

  • 動物細胞工学

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Polyphenols from Lonicera caerulea L. berry attenuate experimental nonalcoholic steatohepatitis by inhibiting proinflammatory cytokines productions and lipid peroxidation,Mol Nutr Food Res.,61巻 4号 ,2017年04月,Wu S, Yano S, Hisanaga A, He X, He J, Sakao K, Hou DX*

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,DNA microarray profiling highlights Nrf2-mediated chemoprevention targeted by wasabi-derived isothiocyanates in HepG2 cells,Nutr Cancer,69巻 1号 (頁 105 ~ 116) ,2017年02月,Trio PZ, Kawahara A, Tanigawa S, Sakao K, Hou DX*

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Multiple regulations of Keap1/Nrf2 system by dietary phytochemicals,Mol. Nutr. Food Res,60巻 (頁 1731- ~ 1755) ,2016年07月,Qin S, Hou DX*

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Anti-inflammatory activity and molecular mechanism of delphinidin 3-sambubioside, a Hibiscus anthocyanin,Biofactors,41巻 1号 (頁 58 ~ 65) ,2015年01月,Sogo T, Terahara N, Hisanaga A, Kumamoto T, Yamashiro T, Wu S, Sakao K, Hou DX*

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Comparison of the Inhibitory Effects of Delphinidin and Its Glycosides on Cell Transformation,Planta Medica ,81巻 1号 (頁 26 ~ 31) ,2015年01月,Sogo T, Kumamoto T, Ishida H, Hisanaga A, Sakao K, Terahara N, Wada K, Hou DX*

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島の食環境と健康食材,南方新聞出版,2016年03月,侯 德興、中野隆之、橋本文雄、藤井 信

    単行本(一般書),共著

  • 英語,Molecular Basis for Cancer Chemopreventive Effects of Anthocyans,Lambert Academic Publishing, Germany. ISBN: 978-3-659-15016-6 ,2012年08月,Hou DX

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,アントシアニンとがん予防,アントシアニンの科学 -生理機能・製品開発も新展開 -(建帛社),2009年04月,侯 徳興

    単行本(学術書),単著

  • 英語,Cancer-Preventive Effects and Molecular Actions of Anthocyanins,NUTRIGENOMICS AND PROTEOMICS IN HEALTH AND DISEASE - Food Factors and Gene Interactions (WILEY-BLACKWELL),2009年01月,De-Xing Hou

    単行本(学術書),単著

  • 英語,Anthocyans and Chemoprevention: Evidence from Cellular Investigations. , Functional Food and Health. American Chemistry Society Press.,2008年12月,De-Xing Hou*

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,アントシアニンのがん予防機能について,Functional Food,8巻 2号 (頁 93 ~ 98) ,2014年09月,侯 徳興

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,果実・果汁飲料と機能性成分(20):ビワ茶の健康維持機能,食品と容器,55巻 8号 (頁 476 ~ 481) ,2014年07月,侯 徳興

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 英語,Chemopreventive functions and molecular mechanisms of garlic organosulfur compounds.,Food Funct.,5巻 5号 (頁 833 ~ 844) ,2014年04月,Trio PZ, You S, He X, He J, Sakao K, Hou DX.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Flavonoids as protein kinase inhibitors for cancer chemoprevention: direct binding and molecular modeling,Antioxidants and Redox Signaling,13巻 5号 (頁 691 ~ 719) ,2010年09月,Hou DX*, Kumamoto T.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Molecular mechanisms behind the chemopreventive effects of anthocyanidins (Review),Journal of Biomedicine and Biotechnology,4巻 5号 (頁 321 ~ 325) ,2004年10月,De-Xing Hou*, Makoto Fujii, Norihiko Terahara, Makoto Yoshimoto

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Mol Nutr Food Res 雑誌優秀論文賞,2017年04月15日,ドイツ連邦共和国,学会誌・学術雑誌による顕彰,Mol Nutr Food Res雑誌編集長,Wu S, Yano S, Hisanaga A, He X, He J, Sakao K, Hou DX

  • Oral Presentation Award of Food for Health International Conference (FOHIC2016).,2016年03月22日,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,Food for Health International Society,Satoshi Yano, Kozue Sakao, Taichi Hara, and De-Xing Hou

  • Poster Presentation Award of Food for Health International Conference (FOHIC2016).,2016年03月22日,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,Food for Health International Society,Ayami Hisanaga, Rie Mukai, Kozue Sakao, Junji Terao, De-Xing Hou

  • Oral Presentation Award of Food for Health International Conference (FOHIC2016).,2016年03月22日,日本国,国内外の国際的学術賞,Food for Health International Society,Shusong Wu1, Kozue Sakao, De-Xing Hou

  • 第20回日本フードファクター学会大会 Young Investigator Award (YIA) 賞,2015年12月15日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本フードファクター学会,Yano S. Sakao K, Hou DX

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第22回日本フードファクター学会大会,国際会議,2017年12月,藤沢,ビルベリーによる非アルコール性脂肪性肝炎の予防効果及び作用機構,口頭(一般)

  • Food for Health International Conference 2017 (FOHIC2017),国際会議,2017年10月,A systematic project from animal meat production, meat processing, nutritional and functional assessment to human health,口頭(招待・特別)

  • 8th International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2017).,国際会議,2017年10月,Quebec, Canada, Polyphenols from Lonicera caerulea L. berry ameliorate experimental nonalcoholic steatohepatitis (NASH) through dual modulation of antioxidant and inflammatory mediators,口頭(招待・特別)

  • 第71回日本栄養・食糧学会大会,国内会議,2017年05月,沖縄,DNA マイクロアレイから見えたイソチオシアネート化合物の生体調節機能、シンポジウムS12 「食と遺伝子発現」,口頭(招待・特別)

  • 日本農芸化学会2017年度大会,国内会議,2017年03月,京都,ワサビ機能性成分の抗癌作用および抗癌剤との併用効果の解析,口頭(一般)

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • Food For Health Intertional Conference 2017 (FOHIC 2017),会頭,2017年10月

  • Food For Health Intertional Conference 2016 (FOHIC 2016),大会長,2016年03月

  • 第19回日本フードファクター学会 ,大会長,2014年11月

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本フードファクター学会,理事,2012年04月 ~ 継続中

  • 日本食品科学工学会,評議員,2016年04月 ~ 継続中

  • 日本農芸化学会九州支部会,評議員,2012年04月 ~ 継続中

  • 日本食糧栄養学会九州支部会,参与,2012年04月 ~ 継続中

  • 西日本機能性食品開発研究会実行委員会,委員,2012年04月 ~ 2016年03月