基本情報

写真a

米田 憲市(健一)

YONEDA Ken'ichi


職名

教授

研究分野・キーワード

法社会学、制度、専門職、プロフェッション、法律家、司法、法学教育、法情報

ホームページ

http://law.leh.kagoshima-u.ac.jp/staff/yoneda/index.htm

特記事項

「米田憲市」を通用名として使用許可を得ています。

プロフィール

○法・組織・専門職の社会学的研究 ○制度の社会的構成の研究 ○法律系人材のための教育方法論 ○司法過疎など法サービスに関する研究 ○司法制度論

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域司法政策学系 司法政策研究科 法曹実務専攻,教授,2007年06月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 法文教育学域法文学系 法文学部 法経社会学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Law & Society Association ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本中東学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • エスノメソドロジー会話分析研究会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本社会学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床法学教育学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 法政策論

  • エスノメソドロジー

  • 法社会学

  • 組織論

  • 法学教育

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,法曹志願者の動向と職域拡大に見る法と社会-「多様な人材」を確保する試みの現状と展望,鹿児島大学法学論集/鹿児島大学法学会,49巻 1号 (頁 75 ~ 107) ,2014年12月,米田憲市

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 日本語,法律相談・交渉場面のビデオ・エスノグラフィー:「実践の可視化」を用いた臨床教育場面とその意義,九州法学会報/九州法学会編,2014巻 2014号 (頁 28 ~ 32) ,2014年11月,米田憲市

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 日本語,「司法制度改革が目指した「法曹像」とその帰趨――法曹志願者の動向と職域拡大に見る法と社会」,法律時報1076号 ,2014年08月,米田憲市

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 日本語,企業法務への法曹有資格者進出の新たなステージにむけて-「企業における法曹有資格者の活用に関する実態調査」から,NBL1001号 (頁 6 ~ 9) ,2013年05月,米田憲市

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,臨床法学教育場面のビデオ・エスノグラフィー,鹿児島大学法学論集,47巻 2号 (頁 225 ~ 230) ,2013年03月,米田憲市

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,企業法務の人材確保の新しいステージへ : 「企業における法曹有資格者の活用に関する実態調査から」,経済法友会リポート,2013年03月,米田憲市

    調査報告書,単著

  • 日本語,報 告:平成23年度九州法学会学術大会シンポジウム「大学の役割と法曹養成制度の到達点,九州法学会会報,2011年12月,米田憲市

    調査報告書,単著

  • 日本語,『会社法務部 〈第10次〉実態調査の分析報告』,別冊NBL((株)商事法務),2010年11月,小島武司・#I米田憲市#IR監修

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,離島等司法過疎地における法律相談実習:地域に学び地域を支える実践として,草鹿ほか「四国ロースクール リーガルサービス情報ネットワーク ミニシンポジウム『法科大学院教育と実務経験』」香川法学,2008年06月,米田憲市

    調査報告書,単著

  • 日本語,法学教育のIT化,情報ネットワーク・ロー・レビュー,2008年05月,笠原毅彦,#I米田憲市#IR,中島宏,角田篤泰,中村寿宏,深澤良彰

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,「大文字の法務」に「点睛」をいれましょう!」,経営法友会レポート496号 (頁 3 ~ 4) ,2015年06月,米田憲市

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,「企業法務のマイル・ストーン-「第11次法務部門の実態調査」の実施によせて」,NBL・(株)商事法務1049号 ,2015年01月,米田憲市

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,「法科大学院の地域貢献と臨床法学教育-地域適正配置の視点を踏まえて-」,『法曹養成と臨床教育』No.6 臨床法学教育学会・日本加除出版,6巻 (頁 102 ~ 106) ,2013年11月,新井信之、#I米田憲市#IR

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,「臨床法学教育研究の「より臨床的な」展開を目指して-「即時分析」実演によるビデオエスノグラフィーの啓蒙-」,『法曹養成と臨床教育』No.6 臨床法学教育学会・日本加除出版,6巻 (頁 151 ~ 152) ,2013年11月,#I米田憲市#IR、樫田美雄

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「国際ファカルティデベロップメント・シンポジウム」主催:北海学園大学・新潟大学・京都産業大学・インハ大学(韓国),その他,2015年06月,北海道,「ICTを活用した法曹養成過程の展望-九州国立4大学法科大学院教育連携の経験から」,その他

  • 主催:京都産業大学・龍谷大学・立命館大学協力:同志社大学法科大学院,その他,2015年04月,京都,「シンポジウム 法を学び組織で働くということ-組織内法務の現状と未来 パネルディスカッション・コメント」,その他

  • シンポジウム「地域の法律系人材養成の展望~山陰法科大学院の理念・実績の継承と新時代の法学教育のために」,その他,2015年03月,ラーニングスクエア新橋(東京都港区新橋4-21-3),法律系人材養成課程のリバイバル・プラン-次世代の法の支配を支える大学教育の提言,その他

  • 九州法学会第119回学術大会,国内会議,2014年06月,九州国際大学(北九州市),「法律相談・交渉場面のビデオエスノグラフィー-ワークショップによる臨床法学教育場面の構築-」,その他

  • 日本臨床法学教育学会,国内会議,2012年04月,青山学院大学青山キャンパス(東京),臨床教育のビデオエスノグラフィー,その他

全件表示 >>