基本情報

写真a

仲谷 英夫

NAKAYA Hideo


職名

教授

研究分野・キーワード

古生物 脊椎動物 哺乳類 進化 生態 生物地理 機能形態 環境変遷 地球環境 新生代 中生代

プロフィール

アフロ・ユーラシアの後期中新世大型哺乳類の進化と分布、後期白亜紀長頚竜類の系統進化と古生態解析および古太平洋環境復元、後期新生代の環境変遷史、古脊椎動物の機能形態学的研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 地質科学,教授,2006年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 地質科学, ,2006年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • The Linnean Society of London,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • The Society of Vertebrate Paleontology,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • The Association of Australasian Palaeontologists,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • The Geological Society of Australia Incorporated ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本アフリカ学会(評議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学

  • 地球環境変遷学

  • 古生物学(古脊椎動物学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A new Elasmotheriini (Perissodactyla, Rhinocerotidae) from the Upper Miocene of Samburu Hills and Nakali, northern Kenya.,Geobios,50巻 3号 ,2017年06月,Handa N., M. Nakatsukasa, Y. Kunimatsu, H. Nakaya

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,New geological and paleontological age constraint for the gorilla-human lineage split.,Nature,530巻 (頁 215 ~ 218) ,2016年02月,Katoh, S., Y. Beyene, T. Itaya, H. Hyodo, M. Hyodo, K. Yagi, C. Gouzu, G. WoldeGabriel, W. K. Hart, S. H. Ambrose, H. Nakaya, R. L. Bernor, J.-R. Boisserie, F. Bibi, H. Saegusa, T. Sasaki, K. Sano, B. Asfaw, G. Suwa

    DOI:10.1038/nature16510,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Mesowear analyses of sympatric ungulates from the Late Miocene Maragheh,Palaeodiversity and Palaeoenvironments (Special issue on recent research on Maragheh),96巻 3号 (頁 445 ~ 452) ,2016年,Yamada E., E. Hasumi, N. Miyazato, M. Akahoshi, M. Watabe, H. Nakaya

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A great diversity of non-cercopithecoid catarrhines in the African early Late Miocene,PLOS ONE,2016年,Kunimatsu Y., E. Mbua, A. Yamamoto, H. Nakaya, Y. Sawada, T. Sakai, M. Saneyoshi, M. Nakatsukasa

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A newly discovered galagid fossil from Nakali, an early Late Miocene locality of East Africa.,Journal of Human Evolution,2016年,Kunimatsu Y., M. Nakatsukasa, T. Sakai, M. Saneyoshi, Y. Sawada, H. Nakaya

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,一般公開シンポS1「九州が大陸だった頃の生物と環境」,日本地質学会News,2014年11月,仲谷英夫

    調査報告書,単著

  • 日本語,日本地質学会第121年学術大会報告記事(鹿児島大会),日本地質学会News,2014年11月,仲谷英夫

    調査報告書,単著

  • 日本語,九州・沖縄の新生代における哺乳類化石による生層序,日本地方地質誌8「九州・沖縄地方」(日本地質学会編集),2010年07月,仲谷英夫

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,古脊椎動物に関する6項目(ウマ類, オオツノジカ, シワリク動物群, ヤベオオツノジカ, 奇蹄類、毛サイ),古生物学事典 第2版 (日本古生物学会編集),2010年06月,仲谷英夫

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,浸水状況と建築物の被害,香川大学平成16年台風災害調査団報告書・香川大学,2005年08月,岡野 眞, 寺林 優, 仲谷英夫, 平野祐一

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,動物化石,アフリカ学事典(日本アフリカ学会編)・昭和堂 (頁 394 ~ 397) ,2014年06月,仲谷英夫

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 英語,Vertebrate fossils from islands,The Island of Kagoshima (Kagoshima Univrsity, Research Center for the Pacific Islands) (頁 150) ,2013年03月,Nakaya, H.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,ーフィールドこぼれ話ー「博物館もフィールド」,島嶼研だより64号 (頁 13) ,2012年10月,仲谷英夫

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,化石臼歯から環境を復元する(メゾウエア解析),そくほう(地学団体研究会機関誌)650号 (頁 ~ 1, 8) ,2009年12月,仲谷英夫

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,後期中新世南西アジアの環境変動と哺乳類動物相の変遷,日本地質学会News,12巻 10号 (頁 10 ~ 11) ,2009年10月,仲谷英夫

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本古生物学会, 第166回例会,国内会議,2017年01月,東京,鹿児島県長島町獅子島の上部白亜系御所浦層群から産出したエラスモサウルス科(長頚竜目),ポスター(一般)

  • 76th Annual Meeting, Society of Vertebrate Paleontology,国際会議,2016年10月,Large fossil rodents from Thailand,ポスター(一般)

  • 5th Asian Primate symposium,国際会議,2016年10月,Colombo, (Sri Lanka),The Mammalian Age and Environments of the Neogene Hominoids from Thailand,口頭(一般)

  • Pre-Symposium in Inuyama (5th Asian Primate symposium),国内会議,2016年09月,犬山,第三紀(中新世から鮮新世)アジア類人猿の進化とその古環境,口頭(一般)

  • 日本古生物学会, 2016年年会・総会,国内会議,2016年06月,福井,ケニア北部の上部中新統ナカリ層から産出した原始的カバ科Kenyapotamusの追加標本,ポスター(一般)

全件表示 >>