基本情報

写真a

河野 元治

KAWANO Motoharu


職名

教授

研究分野・キーワード

粘土、土壌、鉱物、微生物、物質循環、地球環境、環境浄化

プロフィール

○ 地球表層物質圏の生成と変化に関する研究 ○鉱物・水相互作用に関する研究 ○鉱物・微生物相互作用に関する研究 ○天然物質による環境浄化作用に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 地質科学,教授,1990年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1990年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本粘土学会(理事),2014年09月 ~ 2016年09月,日本国

  • 日本粘土学会(常務委員長),2014年09月 ~ 2018年09月,日本国

  • Mineralogical Society of America,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • The Clay Minerals Society,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本地質学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 粘土鉱物学

  • 鉱物化学

  • 環境鉱物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effect of phosphate and sulfate on the precipitation rate and polymorphism of calcium carbonate minerals in solutions with Mg2+ ions,Clay Science,21巻 4号 (頁 71 ~ 78) ,2017年12月,Motoharu Kawano, Mako Miyashita

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Synthesis of calcite and aragonite, and quantitative evaluation of amino acid adsorption on their surfaces,Clay Science,18巻 2号 (頁 33 ~ 41) ,2014年06月,Kawano, M. and Tokonami, M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effect of organic acids on the precipitation rate and polymorph of calcium carbonate minerals in solutions with Mg2+ ions.,Clay Science,18巻 1号 (頁 1 ~ 10) ,2014年04月,Kawano, M. and Tokonami, M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Microbial enhancement of the dissolution rates of kaolinite by interaction of heterotrophic bacterium Pseudomonas fluorescens,Clay Science,15巻 (頁 33 ~ 41) ,2011年05月,Kawano, M. and Tomita, K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Roles of microbial acidic polysaccharides in precipitation rate and polymorph of calcium carbonate minerals,Applied Clay Science,51巻 (頁 484 ~ 490) ,2011年03月,Kawano, M. and Hwang, J.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,微生物の作用,粘土ハンドブック(第3版), 技報堂出版,2009年04月,河野元治

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,微生物反応と粘土鉱物の溶解,粘土ハンドブック(第3版), 技報堂出版,2009年04月,河野元治

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,微生物反応と粘土鉱物の生成,粘土ハンドブック(第3版), 技報堂出版,2009年04月,河野元治

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Interaction of extracellular proteins on the surface of amorphous silica,Clay Science,15巻 3号 (頁 139 ~ 145) ,2011年11月,Kawano, M.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,粘土鉱物の生成,粘土科学,40巻 (頁 197 ~ 211) ,2001年01月,河野元治

    総説・解説(学術雑誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2018年03月,アモルファスシリカの溶解速度に及ぼすアミノ酸の影響の定量評価

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2017年03月,カオリナイトの溶解速度に及ぼすタンパク質の影響の定量評価

  • 科学研究費,2015年04月 ~ 2016年03月,カオリナイトの溶解速度に及ぼすタンパク質の影響の定量評価,河野元治

    カオリナイトの溶解速度に及ぼすタンパク質の影響の定量評価

  • 科学研究費,2014年04月 ~ 2015年03月,カオリナイトの溶解速度に及ぼすタンパク質の影響の定量評価,河野元治

    カオリナイトの溶解速度に及ぼすタンパク質の影響の定量評価

  • 科学研究費,2013年04月 ~ 2014年03月,アモルファスシリカの溶解速度に及ぼすタンパク質の影響の定量評価,河野元治

    アモルファスシリカの溶解速度に及ぼすタンパク質の影響の定量評価

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第60回粘土科学討論会,国内会議,2016年09月,アロフェンのセシウム及びヨウ素酸イオン吸着に及ぼすFe沈着の影響,口頭(一般)