基本情報

写真a

中川 昌之

NAKAGAWA Masayuki


職名

教授

研究分野・キーワード

泌尿器癌、マイクロRNA

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~urology/

プロフィール

泌尿器癌におけるマイクロRNAの機能解析に関する研究

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 熊本大学  医学部  医学科

    大学,1981年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大分医科大学  医学研究科

    博士課程,1988年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,医化学一般,大分医科大学,課程,1988年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,1999年11月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌治療学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 米国癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 米国泌尿器科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 国際泌尿器科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学

  • 泌尿器科腫瘍学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A new risk stratification model for intravesical recurrence, disease progression, and cancer-specific death in patients with non-muscle invasive bladder cancer: the J-NICE risk tables. , Int J Clin Oncol. 2020 Mar 30. doi: 10.1007/s10147-020-01654-5.,2020年03月,4) Miyake M, Matsuyama H, Teramukai S, Kinoshita F, Yokota I, Matsumoto H, Shimada K, Kinjyo M, Shimokama T, Okumura K, Yomenori M, Enokida H, Nakagawa M, Nakai Y, Fujimoto K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Potential new therapy of Rapalink-1, a new generation mTOR inhibitor, against sunitinib-resistant renal cell carcinoma.,Cancer Sci. 2020 Mar 30. doi: 10.1111/cas.14395.,2020年03月,3) Kuroshima K, Yoshino H, Okamura S, Tsuruda M, Osako Y, Sakaguchi T, Sugita S, Tatarano S, Nakagawa M, Enokida H.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Clinical Practice Guidelines for Bladder Cancer 2019 edition by the Japanese Urological Association: Revision working position paper. ,Int J Urol. 2020 Mar 14. doi: 10.1111/iju.14210. ,2020年03月,1) Matsumoto H, Shiraishi K, Azuma H, Inoue K, Uemura H, Eto M, Ohyama C, Ogawa O, Kikuchi E, Kitamura H, Shinohara N, Takahashi S, Tsuzuki T, Nakagawa M, Narumi Y, Nishiyama H, Habuchi T, Hinotsu S, Fujii Y, Fujimoto K, Fujimoto H, Mizowaki T, Matsuyama H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Mixed 20-peptide cancer vaccine in combination with docetaxel and dexamethasone for castration-resistant prostate cancer: a randomized phase II trial. ,Cancer Immunol Immunother. 2020 Feb 5. doi: 10.1007/s00262-020-02498-8. ,2020年02月,2) Noguchi M, Arai G, Egawa S, Ohyama C, Naito S, Matsumoto K, Uemura H, Nakagawa M, Nasu Y, Eto M, Suekane S, Sasada T, Shichijo S, Yamada A, Kakuma T, Itoh K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Oncological outcome of neoadjuvant low-dose estramustine plus LHRH agonist/antagonist followed by extended radical prostatectomy for Japanese patients with high-risk localized prostate cancer: a prospective single-arm study.,Japanese Journal of Clinical Oncology,2019年10月,1) Enokida H, Yamada Y, Tatarano S, Yoshino H, Yonemori M, Sakaguchi T, Nishimura H, Eura R, Nakagawa M

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Aberrant expression of microRNAs in bladder cancer.,Nat Rev Urol. 2013 Jul;10(7):396-404. ,10巻 7号 (頁 396 ~ 404) ,2013年07月,Yoshino H, Seki N, Itesako T, Chiyomaru T, Nakagawa M, Enokida H.

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働大臣表彰(臓器移植普及・啓発),2018年10月07日,日本国,その他の賞,厚生労働省,中川昌之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,治療抵抗性腎癌における機能性RNA分子ネットワークの探索と革新的治療法の開発,中川昌之

    分子標的薬に治療抵抗性となった腎癌組織よりRNAを抽出し、マイクロRNAの発現プロファイルを検討する。その鬼、特に発現の高いマイクロRNAの標的遺伝子を探索し、その機能を抑制する治療法を開発する。

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県角膜・腎臓バンク協会理事,2000年04月 ~ 継続中