基本情報

写真a

中川 昌之

NAKAGAWA Masayuki


職名

教授

研究分野・キーワード

泌尿器癌、マイクロRNA

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~urology/

プロフィール

泌尿器癌におけるマイクロRNAの機能解析に関する研究

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 熊本大学  医学部  医学科

    大学,1981年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大分医科大学  医学研究科

    博士課程,1988年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,医化学一般,大分医科大学,課程,1988年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,1999年11月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌治療学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 米国癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 米国泌尿器科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 国際泌尿器科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学

  • 泌尿器科腫瘍学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,PHGDH as a key enzyme for serine biosynthesis in HIF2a targeting therapy for renal cell carcinoma,Cancer Research,2017年09月,Yoshino H, Nohata N, Miyamoto K, Yonemori M, Sakaguchi T, Sugita S, Itesako T, Kofuji S, Nakagawa M, Dahiya R, Enokida H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,泌尿器科学

  • 英語,Is it safe to use the same scissors after accidental tumor incision during partial nephrectomy? Results of in vitro and in vivo experiments,Journal of Endourology,31巻 4号 (頁 391 ~ 395) ,2017年04月,Yoshino H, Miyamoto K, Hwang EC, Yamane T, Nakagawa M, Enokida H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,泌尿器科学

  • 英語,Regulation of ITGA3 by the dual-stranded microRNA-199 family as a potential prognostic marker in bladder cancer,British Journal of Cancer,116巻 8号 (頁 1077 ~ 1087) ,2017年04月,Sakaguchi H, Yoshino H, Yonemori M, Miyamoto K, Sugita S, Matsushita R, Itesako T, Tatarano S,, Nakagawa M, Enokida H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,泌尿器科学

  • 英語,microRNA-210-3p depletion by CRISPR/Cas 9 promoted tumorigenesis through revival of TWIST1 in renal cell carcinoma,Oncotarget,28巻 8号 (頁 20881 ~ 20894) ,2017年03月,Yoshino H, Yonemori M, Miyamoto K, Tatarano S, Kofuji S, Nohata S, Nakagawa M, Enokida H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,泌尿器科学

  • 英語,Dual tumor-suppressors miR-139-5p and miR-139-3p targeting matrix metalloprotease 11 in bladder cancer. ,Cancer Science,107巻 9号 (頁 1233 ~ 1242) ,2016年09月,1) Yonemori M, Seki N, Yoshino H, Matsushita R, Miyamoto K, Nakagawa M, Enokida H.:

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Aberrant expression of microRNAs in bladder cancer.,Nat Rev Urol. 2013 Jul;10(7):396-404. ,10巻 7号 (頁 396 ~ 404) ,2013年07月,Yoshino H, Seki N, Itesako T, Chiyomaru T, Nakagawa M, Enokida H.

    総説・解説(学術雑誌),共著

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県角膜・腎臓バンク協会理事,2000年04月 ~ 継続中