基本情報

写真a

仙波 伊知郎

SEMBA Ichiro


職名

教授

研究分野・キーワード

口腔癌、歯原性腫瘍、骨・軟骨分化、加齢変化、国際歯科医療協力

プロフィール

○口腔癌の顎骨浸潤 ○口腔諸組織の加齢変化 ○ネパールにおける口腔疾患 ○硬組織研磨標本作製法 ○軟骨分化の転写因子制御 ○口腔粘膜前癌病変の診断と解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 口腔病理解析学, ,1981年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本老年歯科医学会 ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 九州歯科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本骨形態計測学会 ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯科基礎医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本病理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

  • 地理病理学

  • 口腔病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Constitutive activation of p46JNK2 is indispensable for C/EBPdelta induction in the initial stage of adipogenic differentiation.,Biochemical Journal,2017年09月,Joji Kusuyama, Tomokazu Ohnishi, Kenjiro Bandow, Muhammad Amir, Kaori Shima, Ichiro Semba, and Tetsuya Matsuguchi

    DOI:10.1042/BCJ20170332,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Immunohistochemical expression profiles of mucin antigens in salivary gland mucoepidermoid carcinoma: MUC4- and MUC6-negative expression predicts a shortened survival in the early postoperative phase.,Histology and Histopathology,2017年06月,Kie Honjo Tsubasa Hiraki, Michiyo Higashi, Hirotsugu Noguchi, Mitsuharu Nomoto, Takuya Yoshimura, Surinder K. Batra, Suguru Yonezawa, Ichiro Semba, Norifumi Nakamura, Akihide Tanimoto and Sohsuke Yamada

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Osteopontin inhibits osteoblast responsiveness through the down-regulation of focal adhesion kinase mediated by the induction of low-molecular weight protein tyrosine phosphatase.,Mol Biol Cell. ,28巻 10号 (頁 1326 ~ 1336) ,2017年05月,Kusuyama J, Bandow K, Ohnishi T, Hisadome M, Shima K, Semba I, Matsuguchi T

    DOI:10.1091/mbc.E16-10-0716,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Kimura’s Disease in the Oral Cavity: A rare manifestation of IgG4-related disease.,The Journal of Dermatology,2017年,Okubo, Aoi Fujii, Kazuyasu, Kondo, Tomoyuki Semba, Ichiro Higashi, Yuko, Kanekura, Takuro

    DOI:10.1111/1346-8138.14021,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Cystadenocarcinoma of the minor salivary gland arising in the upper lip: A surgical case of an inadequate cytology specimen hampering conclusive diagnosis,Human Pathology: Case Reports,2016年,Takuya Yoshimura, Sohsuke Yamada, Takayuki Ishida, Kazuhiko Tanaka, Ikumi Kitazono, Kenichi Kume, Hiroshi Hijioka, Ichiro Semba, Norifumi Nakamura, Akihide Tanimoto

    DOI:10.1016/j.ehpc.2016.08.006,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,頭頸部腫瘍II,文光堂,2015年04月,森永、高田、長尾編集

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,最新歯科衛生士教本 疾患の成り立ち及び回復過程の促進1 病理学・口腔病理学,医歯薬出版,2012年12月,仙波、池田、長谷川、高田、豊澤、進藤、岡田、草間、前田、安彦、長塚、斎藤

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,わかりやすい病理学(改訂第5版),南江堂,2008年01月,仙波伊知郎

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,新口腔病理学,医歯薬出版,2008年01月,仙波伊知郎

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Guidelines for Histopathological diagnosis of borderline malignancies of the oral mucosa. A preliminary proposal 2005.,The working committee on New histopathological criteria for borderline malignancies of the oral mucosa, The Japanease Society for Oral Pathology. 2005.,2005年08月,Saku T,Semba I,Takata T

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,口腔癌と口腔前癌病変,医歯薬出版,歯界展望,128巻 1号 (頁 180 ~ 181) ,2016年07月,仙波伊知郎

    総説・解説(商業誌),単著

  • 英語,Carcinoma in-situ of the oral mucosa: its pathological diagnostic concept based on the recognition of histological varieties proposed in the JSOP Oral CIS Catalog.,Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology,26巻 (頁 397 ~ 406) ,2014年,JSOP Working Committee

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,歯原性腫瘍の病理診断 C. その他の歯原性腫瘍,病理と臨床,31巻 5号 (頁 515 ~ 520) ,2013年05月,仙波伊知郎、嶋香織

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,歯の周囲組織の加齢変化,ヘルスサイエンス・ヘルスケア,12巻 1号 (頁 26 ~ 32) ,2012年09月,仙波伊知郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,リンパ節転移の病理 -切り出しから病理診断まで,日本口腔外科学会雑誌,54巻 6号 (頁 354 ~ 360) ,2008年06月,仙波伊知郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2011年03月,ラット舌癌におけるmiRNA発現プロファイルとエピジェネティクス機構の解明,田沼順一

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2011年03月,口腔粘膜前癌病変の初期遺伝子変異の解明,仙波伊知郎

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2007年03月,口腔粘膜悪性境界病変の病理組織学的診断基準の策定,朔敬

  • 基盤研究(B),2000年04月 ~ 2002年03月,DNAマイクロアレイによる舌癌感受性遺伝子の解析-ラットからヒトへ,仙波伊知郎

  • 基盤研究(B),1999年04月 ~ 2001年04月,コンジェニックラットの作成とそれによる舌癌感受性及び抵抗性遺伝子の解析,北野元生

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • WHO国際分類改訂に向けたアジアにおける歯原性腫瘍の戦略的大規模調査,高田隆,2014年04月 ~ 2016年03月,広島大学,国際共同研究

  • 口腔粘膜癌とその境界病変の病理組織学的診断基準のグローバル化策定,朔敬,2004年04月 ~ 2005年03月,新潟大学,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第106回日本病理学会総会・学術大会,国内会議,2017年04月,東京都,Two cases of malignant lymphomas appeared in the jaw bones,ポスター(一般)

  • 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会,国内会議,2017年01月,舌扁平上皮癌T1・T2症例における頸部リンパ節転移予測因子の検討,口頭(一般)

  • 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会,国内会議,2016年11月,上唇に生じた嚢胞腺癌の1例—穿刺吸引細胞診の評価,口頭(一般)

  • 第49回日本口腔科学会九州地方会,国内会議,2016年10月,MRI上でおはじき様所見を認めた口底部の巨大な類皮嚢胞の1例,口頭(一般)

  • 18th International Congress on Oral Pathology and Medicine (IAOP) ,国際会議,2016年09月, Immunohistochemical evaluation of oral intraepithelial neoplasia,ポスター(一般)

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第61回 日本口腔外科学会総会・学術大会シンポジウム「MRONJ・BRONJの基本的な対応」,座長,2016年11月

  • 第33回日本口腔腫瘍学会学術大会・総会ワークショップ「口腔表在癌、とくにTis癌における診断の標準化にむけて」,座長,2015年01月

  • 第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 ワークショップ5:表在癌を考える,座長,2015年01月