基本情報

写真a

仙波 伊知郎

SEMBA Ichiro


職名

教授

研究分野・キーワード

口腔癌、歯原性腫瘍、骨・軟骨分化、加齢変化、国際歯科医療協力

プロフィール

○口腔癌の顎骨浸潤 ○口腔諸組織の加齢変化 ○ネパールにおける口腔疾患 ○硬組織研磨標本作製法 ○軟骨分化の転写因子制御 ○口腔粘膜前癌病変の診断と解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 口腔病理解析学, ,1981年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本老年歯科医学会 ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 九州歯科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本骨形態計測学会 ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本病理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯科基礎医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

  • 地理病理学

  • 口腔病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Cystadenocarcinoma of the minor salivary gland arising in the upper lip: A surgical case of an inadequate cytology specimen hampering conclusive diagnosis,Human Pathology: Case Reports,2016年,Takuya Yoshimura, Sohsuke Yamada, Takayuki Ishida, Kazuhiko Tanaka, Ikumi Kitazono, Kenichi Kume, Hiroshi Hijioka, Ichiro Semba, Norifumi Nakamura, Akihide Tanimoto

    DOI:10.1016/j.ehpc.2016.08.006,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Primary intraosseous squamous cell carcinoma arising from ameloblastoma of the mandible: A case report,Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology,27巻 5号 (頁 693 ~ 697) ,2015年,Hijioka H, Nishihara K, Suzuki H, Ishida T, Kume K, Yoshimura T, Shima K, Semba I, Nakamura N

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,MRI にて「おはじき(marble)」様の典型的所見を呈した類皮嚢胞,歯科放射線,55巻 5号 (頁 73 ~ 75) ,2015年,川畑 義裕,長澤 大成,守山 泰司, 野添 悦郎,河野 一典,末永 重明, 犬童 寛子,中村 典史, 仙波伊知郎, 馬嶋 秀行

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語, Carcinoma in-situ of the oral mucosa: its pathological diagnostic concept based on the recognition of histological varieties proposed in the JSOP Oral CIS Catalog.,Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology,26巻 (頁 397 ~ 406) ,2014年01月,The Working Committee for New Histopathological Criteria for Borderline Malignancies of the Oral Mucosa, the Japanese Society of Oral Pathology (JSOP), Takashi Saku, Tomoyuki Ohuchib, Takao Kohgoc, Masanobu Shindoc, Masataka Katagirid, Jun Chenga, Toshiyuki Izumoe, Hirotsugu Yamamotof, Yohichi Tanakag, Takashi Inoueh, Kenichi Matsuzakah, Kazuo Komiyamai, Junko Aidaj, Hisao Yagishitak, Yumi Itol, Kimihide Kusafukam, Hiromasa Hasegawan, Hatsuhiko Maedao, Satoru Toyosawap, Mitsunobu Kishinop, Akio Tanakaq, Takashi Takatar, Ikuko Ogawas, Ayataka Ishikawat, Ichiro Semba

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A novel ameloblastoma cell line (AM-3) secretes MMP-9 in response to Wnt-3a and induces osteoclastogenesis,Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol,,115巻 (頁 780 ~ 788) ,2013年06月,Toshiro Kibe, Takao Fuchigami, Michiko Kishida, Mikio Iijima, Kiyohide Ishihata, Hiroshi Hijioka, Akihiko Miyawaki, Ichiro Semba, Norifumi Nakamura, Tohru Kiyono, Shosei Kishida

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,頭頸部腫瘍II,文光堂,2015年04月,森永、高田、長尾編集

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,最新歯科衛生士教本 疾患の成り立ち及び回復過程の促進1 病理学・口腔病理学,医歯薬出版,2012年12月,仙波、池田、長谷川、高田、豊澤、進藤、岡田、草間、前田、安彦、長塚、斎藤

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,新口腔病理学,医歯薬出版,2008年01月,仙波伊知郎

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,わかりやすい病理学(改訂第5版),南江堂,2008年01月,仙波伊知郎

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Guidelines for Histopathological diagnosis of borderline malignancies of the oral mucosa. A preliminary proposal 2005.,The working committee on New histopathological criteria for borderline malignancies of the oral mucosa, The Japanease Society for Oral Pathology. 2005.,2005年08月,Saku T,Semba I,Takata T

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,口腔癌と口腔前癌病変,医歯薬出版,歯界展望,128巻 1号 (頁 180 ~ 181) ,2016年07月,仙波伊知郎

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,歯原性腫瘍の病理診断 C. その他の歯原性腫瘍,病理と臨床,31巻 5号 (頁 515 ~ 520) ,2013年05月,仙波伊知郎、嶋香織

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,歯の周囲組織の加齢変化,ヘルスサイエンス・ヘルスケア,12巻 1号 (頁 26 ~ 32) ,2012年09月,仙波伊知郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,リンパ節転移の病理 -切り出しから病理診断まで,日本口腔外科学会雑誌,54巻 6号 (頁 354 ~ 360) ,2008年06月,仙波伊知郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,血管に現れる加齢変化,歯界展望,112巻 2号 (頁 326 ~ 333) ,2008年02月,仙波伊知郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2011年03月,ラット舌癌におけるmiRNA発現プロファイルとエピジェネティクス機構の解明,田沼順一

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2011年03月,口腔粘膜前癌病変の初期遺伝子変異の解明,仙波伊知郎

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2007年03月,口腔粘膜悪性境界病変の病理組織学的診断基準の策定,朔敬

  • 基盤研究(B),2000年04月 ~ 2002年03月,DNAマイクロアレイによる舌癌感受性遺伝子の解析-ラットからヒトへ,仙波伊知郎

  • 基盤研究(B),1999年04月 ~ 2001年04月,コンジェニックラットの作成とそれによる舌癌感受性及び抵抗性遺伝子の解析,北野元生

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • WHO国際分類改訂に向けたアジアにおける歯原性腫瘍の戦略的大規模調査,高田隆,2014年04月 ~ 2016年03月,広島大学,国際共同研究

  • 口腔粘膜癌とその境界病変の病理組織学的診断基準のグローバル化策定,朔敬,2004年04月 ~ 2005年03月,新潟大学,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 18th International Congress on Oral Pathology and Medicine (IAOP) ,国際会議,2016年09月,The Evaluation of Immunohistochemical Examination of Oral Intraepithelial Neoplasia,ポスター(一般)

  • 第27回日本臨床口腔病理学会総会学術大会,国内会議,2016年08月,Peripheral odontogenic hamartomaの病理組織学的検討,ポスター(一般)

  • 第105回 日本病理学会総会,国内会議,2016年05月,口腔癌の前駆・初期病変の病理診断-組織学的特徴と診断クライテリア,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第60回日本口腔外科学会総会,国内会議,2015年10月,テリパラチドを投与され良好な骨形成の得られた下顎骨骨髄炎の一例,口頭(一般)

  • 第60回日本口腔外科学会総会,国内会議,2015年10月,下顎関節突起に発生した非骨化性線維腫(non-ossifying fibroma)の1例,口頭(一般)

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第61回 日本口腔外科学会総会・学術大会シンポジウム「MRONJ・BRONJの基本的な対応」,座長,2016年11月

  • 第33回日本口腔腫瘍学会学術大会・総会ワークショップ「口腔表在癌、とくにTis癌における診断の標準化にむけて」,座長,2015年01月

  • 第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 ワークショップ5:表在癌を考える,座長,2015年01月