基本情報

写真a

有田 和徳

ARITA Kazunori


職名

教授

研究分野・キーワード

下垂体腺腫 間脳下垂体 松果体 てんかん 三叉神経痛 脳腫瘍 顔面痙攣

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ns/

プロフィール

間脳下垂体部腫瘍や松果体部腫瘍に対する機能温存と回復を目指した治療方法の確立。てんかんなどの機能性脳疾患に対する手術適応の確立とQOL維持向上のための手術方法の改良。三叉神経痛や顔面痙攣に対するmimimum invasive surgeryの確立。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座,教授,2005年10月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,2005年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 米国脳神経外科コングレス(CNS) ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 米国脳神経外科学会(AANS),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本脳卒中学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本内分泌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本てんかん学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能脳神経外科

  • 脳腫瘍

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Impact of subclinical haemorrhage on the pituitary gland in patients with pituitary adenomas.,Clin Endocrinol (Oxf).,80巻 5号 (頁 720 ~ 725) ,2014年05月,(Kinoshita Y), (Tominaga A), (Usui S), Arita K, (Sugiyama K), (Kurisu K).

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Transsphenoidal surgical treatment of pituitary adenomas in patients aged 80 years or older., Neurosurg Rev.,37巻 2号 (頁 269 ~ 277) ,2014年04月,Yunoue S, Tokimura H, (Tominaga A), Fujio S, Karki P, (Usui S), (Kinoshita Y), Habu M, Moinuddin F, Hirano H, Arita K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Electrophysiological mapping of the temporal branch of the facial nerve.,J Neurol Surg A Cent Eur Neurosurg.,75巻 2号 (頁 116 ~ 119) ,2014年03月, Tokimura H, Hirabaru M, (Miyajima S), Tajitsu K, Yamahata H, Sugata S, Arita K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Development and pharmacological verification of a new mouse model of central post-stroke pain.,Neurosci Res.,78巻 (頁 72 ~ 80) ,2014年01月,Hanada T, (Kurihara T), Tokudome M, Tokimura H, Arita K,(Miyata A).

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Ventral schwannoma of the thoracolumbar spine.,Asian Spine J.,7巻 4号 (頁 339 ~ 344) ,2013年12月,Yamahata H, (Yamaguchi S), Mori M, Kubo F, Tokimura H, Arita K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Delayed tentorial herniation after crainoplasty with polymethylmethacrylate: A rare complication,Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery,2011年12月,Yamahata H,Tokimura H,Kuratsu J,Sakamoto A,Matsuyama N,Awa R,Arita K

    調査報告書,共著

  • 英語,Diffuse large B-cell lymphoma within a cavernous hemangioma of the cavernous sinus,Brain Tumor Pathology,2011年10月,Hirano H,(Tashiro Y),Fujio S,(Goto M),Arita K

    調査報告書,共著

  • 英語,Microvascular decompression for trigeminal neuralgia due to compression by the vertebral artery: Report of 3 cases,Minimally Invasive Neurosurgery,2011年04月,Yamahata H, Tokimura H, Hanaya R, Tajitsu K, Hirabaru M, Yamagami M, K Arita

    調査報告書,共著

  • 英語,Use of a guide wire system to insert guiding catheters.,Journal of Neurosurgery,2010年06月,Nagayama T, Nishimuta Y, Sugata S, Nishizawa T, Arita K.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Accuracy and pitfalls of multidetector-row computed tomography in detecting spinal dural arteriovenous fistulas,Jounal of Neurosurgery Spine,2010年03月,Yamagucih S.,Nagayam T, Eguchi K, Takeda M, Arita K, Kurisu K

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2012年03月,悪性神経膠腫におけるMGMTの関与しないテモゾロミド耐性機構の解明 ,有田和徳(分担研究者)

    悪性神経膠腫におけるMGMTの関与しないテモゾロミド耐性機構の解明

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2012年03月,下垂体腺腫における腫瘍幹細胞の実態とその機能および分化に関する研究,有田和徳(研究代表者)

    下垂体腺腫における腫瘍幹細胞の実態とその機能および分化に関する研究

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2012年03月,Wnt/Frizzle系腫瘍メッセージ経路探索による新しい抗グリオーマ戦略 ,有田和徳(分担研究者)

    Wnt/Frizzle系腫瘍メッセージ経路探索による新しい抗グリオーマ戦略

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2012年03月,脳卒中におけるCNPの病態生理学的意義の解明 ,有田和徳(分担研究者)

    脳卒中におけるCNPの病態生理学的意義の解明

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2012年03月,Web会議、ITカルテシステムを用いた脳神経外科診療・教育ネットワークの形成,有田和徳(分担研究者)

    Web会議、ITカルテシステムを用いた脳神経外科診療・教育ネットワークの形成

全件表示 >>