基本情報

写真a

太田 一郎

OTA Ichiro


職名

教授

研究分野・キーワード

社会言語学、言語変異理論,メディアとことば,方言学

プロフィール

○地域語の変容 ○社会構造と言語変異・言語変化の関係 ○メディアにおける言語 ○メディアと言語変化 ○言語の社会的意味

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域法文学系 法文学部 人文学科 人間科学,教授,1988年05月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学,学長補佐(研究支援担当),2015年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学,学長補佐(入試広報担当),2017年05月 ~ 2018年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本音声学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本語学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 社会言語科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 言語学

  • メディアとことば

  • 方言学

  • 言語変異理論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A Sociophonetic Approach to Variation in Japanese Pitch Realizations: Region, Age, Gender, and Stylistic Parameters,Asia-Pacific Language Variation,3巻 1号 (頁 5 ~ 40) ,2017年06月,Shoji Takano and Ichiro Ota

    DOI:10.1075,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,言語学

  • 日本語,鹿児島方言話者の音調選択における世代差と言語イデオロギー,人文学科論集84号 (頁 1 ~ 16) ,2017年02月,太田一郎,光瀬めい,二階堂整

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 日本語,鹿児島方言のアクセント型交替とその要因について,九州地区国立大学教育系・文系研究論文集,3巻 2号 (頁 8 ~ ) ,2016年03月,太田一郎

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Tonal variation in Kagoshima Japanese and factors of language change,The future of dialects (頁 389 ~ 397) ,2016年02月,Ichiro Ota, Hitoshi Nikaido, and Akira Utsugi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,言語学

  • 日本語,鹿児島方言のアクセント型交替とその要因について,人文学科論集82号 (頁 未定) ,2015年01月,太田一郎

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,The media influence on language change in Japanese sociolinguistic context,Mediatization and sociolinguistic change (Jannis Androutsopoulos (ed.)) Walter de Gruyter: Berlin.,2014年08月,Ichiro OTA and Shoji TAKANO

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Media models, 'the shelf', and stylistic variation in East and West. Rethinking the influence of the media on language variation.,Mediatization and sociolinguistic change (Jannis Androutsopoulos (ed.)) Walter de Gruyter: Berlin.,2014年08月,Jane Stuart-Smith and Ichiro Ota

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,『はじめて学ぶ社会言語学』,ミネルヴァ書房,2012年01月,日比谷潤子(編著),太田一郎,高野照司,服部範子,松田謙次郎,佐野真一郎

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,『方言学』, 朝倉書店,2011年04月,真田信治,太田一郎,渋谷勝巳,高木千恵 他

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,方言のイメージ,『計量国語学事典』・朝倉書店,2009年11月,太田一郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 16th Methods in Dialectology,国際会議,2017年08月,Sociolinguistic Representation of Code Choice and Code-Switching in a Japanese TV Drama,口頭(一般),言語学

  • UKLVC10,国際会議,2015年09月,Tonal Varia*on of Kagoshima Japanese and Its Constraining factors,ポスター(一般),言語学

  • 第39回九州方言研究会,その他,2015年01月,熊本(熊本大学),鹿児島方言のアクセント型交替とその要因について,その他

  • Methods in Dialectology XV,国際会議,2014年08月,University of Groningen, オランダ王国,Tonal variation in Kagoshima Japanese and factors of language change,その他

  • Urban Language Seminar 11,国際会議,2013年08月,広島,Tonal change of Kagoshima Japanese and the impact of media,その他

全件表示 >>