基本情報

写真a

大塚 作一

OHTSUKA Sakuichi


職名

教授

研究分野・キーワード

視覚, 情報, 認知, 脳, 画像, ディスプレイ, ヒューマンインタフェース

ホームページ

http://www.ibe.kagoshima-u.ac.jp/~otsuka/

プロフィール

・情報ディスプレイ(立体ディスプレイ等)・人間の視覚情報処理機構に関する研究(画質評価等も含む)・ヒューマンインタフェース(評価を含む)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 情報生体システム工学専攻,教授,2007年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,2007年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • SID,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本視覚学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 画像電子学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 映像情報メディア学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 電子情報通信学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 画像工学 情報工学 認知心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Aftereffect of Viewing Concave Curved Displays in Large and Wide-angle Environment: Assessment of Individual Differences,SID Symposium Digest of Technical Papers,47巻 1号 (頁 907 ~ 910) ,2016年05月,Sakuichi Ohtsuka, Youhei Kumagai, Sayako Yonemoto, Ken Kihara

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 日本語,テレビジョンの大型高精細化と画質評価の話題-曲面ディスプレイの臨場感・残効とコンテンツの視認性-,FPDの人間工学シンポジウム2016,2016年03月,大塚 作一

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),査読無し,共著

  • 英語,Subjective Size of News Presenter Shrinking with Recent Enlargement of Display Size in Japan,SID Symposium Digest of Technical Papers,46巻 1号 (頁 1270 ~ 1273) ,2015年06月,Youhei Kumagai, Kohki Nagata, Ken Kihara, Sakuichi Ohtsuka

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Subjective Assessment of Simulated Curved Displays for Ultra-High-Definition TV in a Large Size and Wide-Viewing-Angle Environment,SID Symposium Digest of Technical Papers,46巻 1号 (頁 1274 ~ 1277) ,2015年06月,Sakuichi Ohtsuka, Chihiro Imabayashi, Youhei Kumagai, Kohki Nagata, Ken Kihara

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Attentive tracking of moving objects in real 3D space,Vision Research,109巻 A号 (頁 1 ~ 10) ,2015年04月,Anis Ur Rehman, Ken Kihara, Akiko Matsumoto, Sakuichi Ohtsuka

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ベンハムのコマに青もしくは黄色領域を設けた場合の誘導色の変化,映像情報メディア学会技術報告,2014年11月,宮田千恵美・小路香織・木原健・大塚作一・Hiroshi Ono

    調査報告書,共著

  • 日本語,ハイダイナミックレンジ画像の階調表現に関する検討,平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第67会連合大会)講演論文集CD-ROM,2014年09月,入枝江利・比良祥子・木原健・大塚作一

    調査報告書,共著

  • 日本語,周辺視野呈示情報への注意処理に与える背景情報の影響,平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第67会連合大会)講演論文集CD-ROM,2014年09月,孫海・木原健・大塚作一

    調査報告書,共著

  • 日本語,ステレオCG画像観察時の立体形状知覚に関する検討,平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第67会連合大会)講演論文集CD-ROM,2014年09月,倉園あずさ・木原健・大塚作一・向田茂

    調査報告書,共著

  • 日本語,視差と陰影の奥行き手がかりが矛盾する場合の知覚の個人差,平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第67会連合大会)講演論文集CD-ROM,2014年09月,熊谷洋平・木原健・大塚作一

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,天気予報図の領域分割法が視認性に与える影響 ~開領域境界線と閉領域境界線~,電子情報通信学会技術研究報告,114巻 161号 (頁 1 ~ 4) ,2014年07月,大塚作一・大西哲平・馬場園智貴・木原健

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,多様な環境下における視覚特性の理解と効果的な表示手法,画像ラボ,23巻 10号 (頁 17 ~ 22) ,2012年10月,大塚作一, 木原健

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,多様な環境下での表示品質向上のための視覚特性の理解,画像電子学会誌,40巻 6号 (頁 1032 ~ 1036) ,2011年11月,大塚作一, 木原健

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Society for Information Display 2015 (SID 2015),国際会議,2015年06月,アメリカ合衆国,Subjective Assessment of Simulated Curved Displays for Ultra-High-Definition TV in a Large Size and Wide-Viewing-Angle Environment,その他

  • Society for Information Display 2015 (SID 2015),国際会議,2015年06月,アメリカ合衆国,Subjective Size of News Presentation Shrinking with Recent Enlargement of Display Size in Japan,その他

  • 日本基礎心理学会第33回大会,国内会議,2014年12月,東京,広視野3D運動ドットが注意に瞬きに与える影響,その他

  • 映像情報メディア学会メディア工学研究会・映像表現&コンピュータグラフィックス研究会,その他,2014年11月,鹿児島,ベンハムのコマに青もしくは黄色領域を設けた場合の誘導色の変化,その他

  • 日本心理学会第78回大会,国内会議,2014年09月,京都,拡張現実を模した立体視環境における注意の瞬きの消失,その他

全件表示 >>