基本情報

写真a

本間 俊雄

HONMA Toshio


職名

教授

研究室住所

鹿児島県鹿児島市郡元1-21-40

研究分野・キーワード

生物的アプローチ、逆問題の解析、動的安定性解析、張力構造解析、数理解析

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://aae.aae.kagoshima-u.ac.jp/~honma/

プロフィール

○構造形態の創生と最適化 ○生物的アプローチによる数値解析法の確立 ○環境振動評価解析 ○構造物の動的安定性解析 ○コンピュータ・グラフィックス利用発想支援システムの開発○都市や景観の解析と評価 ○少子高齢化に関する諸問題のモデル化と数理解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 建築学専攻,教授,1998年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • The International Association for Computational Mechanics (IACM),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • The International Association for Shell and Spatial Structures(IASS),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本計算工学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本応用数理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本機械学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算力学

  • 計算工学

  • 連続体力学

  • 建築構造力学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ベジエ曲線によるトリム曲面を用いた開口部を有する自由曲面シェルの形状最適化,構造工学論文集,64巻 B号 (頁 515 ~ 523) ,2018年03月,永田洸大, 本間俊雄

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,施工性を考慮した鉄骨グリッドシェル構造の構造形態創生,構造工学論文集,64巻 B号 (頁 533 ~ 540) ,2018年03月,和田大典, 本間俊雄

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,構造形態創生法を活用した鉄骨 曲面形態の構造デザイン ―TOTOミュージアムの曲面形状決定と力学検討―,日本建築学会技術報告集56号 (頁 117 ~ 122) ,2018年02月,和田大典, 本間俊雄

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Form-Finding Analysis for Membrane Structures Based on Discrete Differential Geometry : Verification of Unit Stress Distribution,Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures Annual Symposium (IASS2017)9560号 (頁 1 ~ 10) ,2017年09月,Y.Yokosuka, T.Honma

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Structural Optimization Analysis for Hybrid Structure with Cable and Strut Member : Analysis using Finite Element Thechnique with Coordinates Assumption ,Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures Annual Symposium (IASS2017)9524号 (頁 1 ~ 10) ,2017年09月,S.Komikado, Y.Yokosuka, T.Honma

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,空間構造の数値解析ガイドブック(日本建築学会編),丸善,2017年12月,本間俊雄

    単行本(学術書),分担執筆

  • 日本語,GAとSIによるシェルの構造形態創生,建築・都市・環境デザインのためのモデリングと最適化技術, 第11章, 日本建築学会・丸善出版社,2015年03月,本間俊雄

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,例題で学ぶ建築構造力学2 不静定構造編,コロナ社,2013年10月,大崎純, 本間俊雄

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,例題で学ぶ 構造力学1 静定構造力学編,コロナ社,2013年03月,大崎純, 本間俊雄

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,活動報告 コロキウム構造形態の解析と創生2010,建築雑誌・日本建築学会,2011年02月,本間俊雄, 高田豊文, 池田靖史, 永井拓生, 立道郁生

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,構造形態の創生と最適化技術,日本建築学会,構造部門(応用力学)パネルディスカッション「最適設計」の過去・現在・未来 (頁 25 ~ 34) ,2015年09月,本間俊雄

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),単著

  • 日本語,構造形態の創生と最適化,第9 回新「シェル・空間構造」セミナー:設計への計算機の応用と解析上の留意点, 日本建築学会9号 (頁 25 ~ 32) ,2010年07月,本間俊雄

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,構造形態の創生 - 形態解析と最適化 -,建築技術709号 (頁 136 ~ 139) ,2009年01月,本間俊雄

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,構造形態創生法の技術 -現状と展望-,日本建築学会大会(中国)シェル部門パネルディスカッション「コンピュータテクノロジーと建築デザイン」資料AIJ0809-00600号 (頁 1 ~ 18) ,2008年09月,本間俊雄

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,構造形態創生と優良解とアルゴリズミック・デザイン,アルゴリズミック・デザインによる建築形態創生の現状と展望, 第30回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集30号 (頁 239 ~ 241) ,2007年12月,本間俊雄

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第57・1号構造系, pp.489-492,国内会議,2018年03月,鹿児島,吊り天井を撤去して直天井としたウェーブ天井ホールの改修事例における天井構造の振動特性,口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第57・1号構造系, pp.497-500,国内会議,2018年03月,鹿児島,部材長と接合角を考慮した自由曲面グリッドシェル構造の形態 -運動学機構とロール・ピッチ・ヨー回転行列を用いた曲面構成-,口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第57・1号構造系, pp.457-460,国内会議,2018年03月,鹿児島,ケーブルを導入したサスペンション膜構造の形状・裁断図同時解析と試験体による形態確認,口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第57・1号構造系, pp.453-456,国内会議,2018年03月,鹿児島,遺伝的アルゴリズムと勾配投影法を用いた変断面アーチ形態の形状最適化,口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第57・1号構造系, pp.465-468,国内会議,2018年03月,鹿児島,膜構造の形状決定問題と計算技術に関する基礎的研究,口頭(一般)

全件表示 >>