基本情報

写真a

本間 俊雄

HONMA Toshio


職名

教授

研究分野・キーワード

生物的アプローチ、逆問題の解析、動的安定性解析、張力構造解析、数理解析

ホームページ

http://aae.aae.kagoshima-u.ac.jp/~honma/

プロフィール

○構造形態の創生と最適化 ○生物的アプローチによる数値解析法の確立 ○環境振動評価解析 ○構造物の動的安定性解析 ○コンピュータ・グラフィックス利用発想支援システムの開発○都市や景観の解析と評価 ○少子高齢化に関する諸問題のモデル化と数理解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 建築学専攻,教授,1998年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本計算工学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本応用数理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本機械学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本建築学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • The International Association for Shell and Spatial Structures(IASS),2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算力学

  • 計算工学

  • 連続体力学

  • 建築構造力学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ベーシスベクトル法を用いたグリッドシェル構造の形態創生法,構造工学論文集,63B巻 (頁 99 ~ 106) ,2017年03月,辻孝輔, 本間俊雄, 横須賀洋平

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,高齢過疎地域における人々のつながりに関する研究 (3) -大隅半島A地域の実態-,南九州地域科学研究所所報33号 (頁 73 ~ 78) ,2017年03月,古川惠子, 本間俊雄

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

  • 英語,Geodesic Search on Triangle Mesh for Frame Structures,Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures Annual Symposium 2016 (IASS2016),“Spatial Structures in the 21st Century” (頁 1 ~ 10) ,2016年09月,Y.Yokosuka, T.Honma

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Form-finding Analysis for Stabilized and Stiffened Structural System Using Tension Members,Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures Annual Symposium 2016 (IASS2016),“Spatial Structures in the 21st Century” (頁 1 ~ 10) ,2016年09月,S.Komikado, Y.Yokosuka, T.Honma

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Shape Optimization by Presence of Antiplane Shear Deformation in Free-Form Shell Structure,Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures Annual Symposium 2016 (IASS2016),“Spatial Structures in the 21st Century” (頁 1 ~ 9) ,2016年09月,T.Nishida, T.Honma, Y.Yokosuka

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,GAとSIによるシェルの構造形態創生,建築・都市・環境デザインのためのモデリングと最適化技術, 第11章, 日本建築学会・丸善出版社,2015年03月,本間俊雄

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,例題で学ぶ建築構造力学2 不静定構造編,コロナ社,2013年10月,大崎純, 本間俊雄

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,例題で学ぶ 構造力学1 静定構造力学編,コロナ社,2013年03月,大崎純, 本間俊雄

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,活動報告 コロキウム構造形態の解析と創生2010,建築雑誌・日本建築学会,2011年02月,本間俊雄, 高田豊文, 池田靖史, 永井拓生, 立道郁生

    調査報告書,共著

  • 日本語,活動報告 コロキウム構造形態の解析と創生2009,建築雑誌・日本建築学会,2010年02月,藤井大地, 本間俊雄, 池田靖史, 松尾智恵, 立道郁生

    調査報告書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,構造形態の創生と最適化技術,日本建築学会,構造部門(応用力学)パネルディスカッション「最適設計」の過去・現在・未来 (頁 25 ~ 34) ,2015年09月,本間俊雄

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),単著

  • 日本語,構造形態の創生と最適化,第9 回新「シェル・空間構造」セミナー:設計への計算機の応用と解析上の留意点, 日本建築学会9号 (頁 25 ~ 32) ,2010年07月,本間俊雄

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,構造形態の創生 - 形態解析と最適化 -,建築技術709号 (頁 136 ~ 139) ,2009年01月,本間俊雄

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,構造形態創生法の技術 -現状と展望-,日本建築学会大会(中国)シェル部門パネルディスカッション「コンピュータテクノロジーと建築デザイン」資料AIJ0809-00600号 (頁 1 ~ 18) ,2008年09月,本間俊雄

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,構造形態創生と優良解とアルゴリズミック・デザイン,アルゴリズミック・デザインによる建築形態創生の現状と展望, 第30回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集30号 (頁 239 ~ 241) ,2007年12月,本間俊雄

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第56・3号計画系, pp.109-112,国内会議,2017年03月,長崎,南九州過疎地域のネットワーク解析による地域特性 -地域の特徴と集落の共通点・相違点を把握-,口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第56・1号構造系, pp.281-284,国内会議,2017年03月,長崎,開口部を設けた連続体シェル構造の形状最適化と解の多様性 -開口角度を設計変数とした解析モデル-,口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第56・1号構造系, pp.277-280,国内会議,2017年03月,長崎,エネルギ比を採用した連続体シェル構造の形状最適化 -高さ指定点を考慮した解析モデルへの適用-,口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第51・1号構造系, pp.273-276,国内会議,2017年03月,長崎,面外せん断変形を考慮した連続体シェル構造の形状最適化と幾何学的非線形解析 -非線形項の有無による解形状と座屈荷重値の違い-,口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告九州支部, 第56・1号構造系, pp.289-292,国内会議,2017年03月,長崎,離散微分幾何による膜構造の初期曲面形状決定法 -平均曲率を用いたDirichletエネルギの勾配による手法-,口頭(一般)

全件表示 >>