基本情報

写真a

宮脇 正一

MIYAWAKI Shouichi


職名

教授

研究分野・キーワード

矯正治療 顎関節症 咬合 咀嚼 嚥下 ブラキシズム インプラントアンカー 睡眠 無呼吸 胃食道逆流

ホームページ

http://www.hal.kagoshima-u.ac.jp/Kyousei/clinic/index/index.htm

プロフィール

睡眠時ブラキシズムに関する臨床的研究 不正咬合、顎関節症を有する患者の下顎運動に関する研究 インプラントアンカーなどの矯正装置の開発 マルチブラケット法の改良に関する研究 顎関節症の病態と治療法に関する研究 姿勢と咀嚼・嚥下機能、咬合、顎顔面形態に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座,教授,2005年06月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 歯科矯正学, ,2005年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • American Academy of Sleep Medicine,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • Japanese Association for Dental Research,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • International Association for Dental Research,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 九州矯正歯科学会(学術担当理事),2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 矯正・小児系歯学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Evaluation of miniscrew stability using an automatic embedding auxiliary skeletal anchorage device. , Angle Orthod,2018年,Oga Y, Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Yagi T, Miyawaki S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Evaluation of upper central incisors on the non-cleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate — Part 1: Relationship between root length and orthodontic tooth movement. ,Angle Orthod. ,2017年11月,Maeda-Iino A, Marutani K, Furukawa M, Nakagawa S, Kwon S, Kibe T, Tezuka M, Nakamura N, Miyawaki S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression. ,Biochem Biophys Res Commun,2017年11月,Furukawa M, Tsukahara T, Tomita K, Iwai H, Sonomura T, Miyawaki S, Sato T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語, Evaluation of upper central incisors on the non-cleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate — Part 2: Relationship of root resorption with horizontal tooth movement and quantity of grafted autogenous bone., Angle Orthod.,2017年11月,Maeda-Iino A, Furukawa M, Kwon S, Marutani K, Nakagawa S, Fuchigami T, Nakamura N, Miyawaki S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Differences between the chewing and non-chewing sides of the mandibular first molars and condyles in the closing phase during chewing in normal subjects,Arch Oral Biol,2017年,Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Miyawaki S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,脳腸ペプチドによるストレス起因性顎口腔機能異常の改善に対する効果の検証, 八木孝和(研究代表者)、宮脇正一、齋藤充、浅川明弘、安宅弘司、倉本恵梨子、前田綾、菅真有、小柳宏太郎(研究分担者)

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,食道内の酸クリアランス促進によりブラキシズムを抑制する経皮的刺激療法の開発,國則貴玄(研究代表者)、菅 真有、八木孝和、宮脇正一(研究分担者)

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,脳腸モデルによる迷走神経の活性化を応用したブラキシズムの根本療法開発への基盤研究,菅 真有(研究代表者)、大賀泰彦、八木孝和、宮脇正一(研究分担者)

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,消化管運動促進薬とH2ブロッカーによる咀嚼筋障害に対する治療効果の検討,大賀 泰彦(研究代表者)、宮脇正一、八木孝和、永山邦宏(研究分担者)

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,カリウムイオン競合型アシッドブロッカーを応用したブラキシズムの根本療法の開発,永山 邦宏(研究代表者)、宮脇 正一、國則  貴玄(研究分担者)

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 歯学部長,2016年04月 ~ 継続中