基本情報

写真a

松口 徹也

MATSUGUCHI Tetsuya


職名

教授

研究分野・キーワード

免疫、Toll様受容体、サイトカイン、骨芽細胞、シグナル伝達、リンパ球、マクロファージ、細胞分化

プロフィール

免疫機構はあらゆる多細胞生物に存在し、病原体による外界からの攻撃から個体の恒常性を保つために必須の機構である。特に抗原非特異的な自然免疫機構は免疫担当細胞以外にも発現し、循環、凝固、骨代謝などにも影響する。この多彩な免疫調節機構を分子レベルで解明していく。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,内科学一般(含心身医学),九州大学,課程,1989年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座,教授,2003年09月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 口腔生化学, ,2003年09月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本免疫学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本細菌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生化学学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫担当細胞機能の分子調節機構

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Low intensity pulsed ultrasound (LIPUS) maintains osteogenic potency by the increased expression and stability of Nanog through spleen tyrosine kinase (Syk) activation.,Cell Signal (頁 109345 ~ ) ,2019年06月,Kusuyama J, Seong C, Makarewicz NS, Ohnishi T, Shima K, Semba I, Bandow K, Matsuguchi T.

    DOI:10.1016/j.cellsig.2019.109345. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,JNK inactivation suppresses osteogenic differentiation, but robustly induces osteopontin expression in osteoblasts through the induction of inhibitor of DNA binding 4 (Id4).,FASEB J,33巻 6号 (頁 7331 ~ 7347) ,2019年06月,Kusuyama J, Amir MS, Albertson BG, Bandow K, Ohnishi T, Nakamura T, Noguchi K, Shima K, Semba I, Matsuguchi T.

    DOI:10.1096/fj.201802465R. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Low-intensity pulsed ultrasound promotes bone morphogenic protein 9-induced osteogenesis and suppresses inhibitory effects of inflammatory cytokines on cellular responses via Rho-associated kinase 1 in human periodontal ligament fibroblasts.,J Cell Biochem (頁 10 ~ ) ,2019年04月,Kusuyama J, Nakamura T, Ohnishi T, Albertson BG, Ebe Y, Eiraku N, Noguchi K, Matsuguchi T.

    DOI:10.1002/jcb.28727. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Spleen tyrosine kinase influences the early stages of multilineage differentiation of bone marrow stromal cell lines by regulating phospholipase C gamma activities.,J Cell Physiol,233巻 3号 (頁 2549 ~ 2559) ,2018年03月,Kusuyama J, Kamisono A, ChangHwan S, Amir MS, Bandow K, Eiraku N, Ohnishi T, Matsuguchi T.

    DOI:10.1002/jcp.26130. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Constitutive activation of p46JNK2 is indispensable for C/EBPホエ induction in the initial stage of adipogenic differentiation.,Biochem J,474巻 20号 (頁 3421 ~ 3437) ,2017年10月,Kusuyama J, Ohnishi T, Bandow K, Amir MS, Shima K, Semba I, Matsuguchi T.

    DOI:10.1042/BCJ20170332.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • (NPO)日本歯科保存学会,国内会議,2018年10月,骨芽細胞分化におけるBMP-9の特異的シグナル伝達経路の解明,その他

  • (公社)日本生化学会,国内会議,2018年09月,ケラチノサイトにおける紫外線B波長によるインターフェロンγ反応性の阻害はERストレスを介する,その他

  • (一社)歯科基礎医学会,国内会議,2018年09月,BMP9の骨芽細胞分化誘導作用におけるPI3K-Akt-GSK3β/β-cateninシグナル経路の重要性,その他

  • (一社)歯科基礎医学会,国内会議,2018年09月,クラミジア肺炎時の肺への免疫細胞の浸潤におけるマスト細胞の重要な役割,その他

  • 生命科学系学会合同年次大会運営事務局,国内会議,2017年12月,解糖系阻害が骨芽細胞のユビキチン-プロテアソーム機構に及ぼす影響,その他

全件表示 >>