基本情報

写真a

小松澤 均

KOMATSUZAWA Hitoshi


職名

教授

研究分野・キーワード

口腔細菌、黄色ブドウ球菌、抗菌性因子、細菌感染

ホームページ

http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/saikin/

プロフィール

黄色ブドウ球菌の薬剤耐性および病原性因子に関する研究、歯周病原因菌の病原性因子に関する研究、先天性免疫機構における抗菌ペプチドの役割に関する研究、院内感染菌の分子疫学解析の研究、口腔ケアに関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座,教授,2008年03月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 口腔微生物学, ,2008年03月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科基礎医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本細菌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形態系基礎歯科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Recombinant Sox Enzymes from Paracoccus pantotrophus Degrade Hydrogen Sulfide, a Major Component of Oral Malodor.,Microbes Environ,2017年03月,Ramadhani A, Kawada-Matsuo M, Komatsuzawa H, Oho T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Sugar Allocation to Metabolic Pathways is Tightly Regulated and Affects the Virulence of Streptococcus mutans.,Genes (Basel),2016年12月,Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Komatsuzawa H.

    DOI:10.3390/genes8010011,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Antibacterial Effects of Glycyrrhetinic Acid and Its Derivatives on Staphylococcus aureus.,PLoS One,11巻 11号 (頁 e0165831 ~ ) ,2016年11月,Oyama K, Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Hayashi T, Nakamura N, Komatsuzawa H.

    DOI:10.1371/journal.pone.0165831,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Lysine and Threonine Biosynthesis from Aspartate Contributes to Staphylococcus aureus Growth in Calf Serum.,Applied and Environmental Microbiology,2016年10月,Oogai Y, Yamaguchi M, Kawada-Matsuo M, Sumitomo T, Kawabata S, Komatsuzawa H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Two-Component Systems Involved in Susceptibility to Nisin A in Streptococcus pyogenes.,Applied and Environmental Microbiology,2016年10月,Kawada-Matsuo M, Tatsuno I, Arii K, Zendo T, Oogai Y, Noguchi K, Hasegawa T, Sonomoto K, Komatsuzawa H

    DOI:10.1128/AEM.01897-16,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Strategy of Staphylococcus aureus infection to the host.,蛋白質核酸酵素,2009年06月,M. Matsuo, H. Komatsuzawa

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,【変貌する細菌感染症】 黄色ブドウ球菌感染症 先端研究からみる黄色ブドウ球菌(解説/特集/抄録あり),医学のあゆみ,223巻 8号 (頁 595 ~ 599) ,2007年11月,小松澤均

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,【口腔での免疫 最近の進歩と疾患】 口腔細菌が誘発する自然免疫の最近の進歩(解説/特集/抄録あり),炎症と免疫,15巻 6号 (頁 707 ~ 713) ,2007年10月,小松澤均

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,【自然免疫】 自然免疫と細菌感染(解説/特集/抄録あり),皮膚アレルギーフロンティア,5巻 2号 (頁 79 ~ 24) ,2007年07月,小松澤均

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,【耐性菌感染症の現状と対策】 MRSAおよびMRSA感染症 基礎 MRSAの薬剤耐性メカニズム(解説/特集/抄録あり),医学のあゆみ,221巻 6号 (頁 469 ~ 474) ,2007年05月,小松澤均, 菅井基行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,黄色ブドウ球菌の新規細胞壁合成関連遺伝子の同定および解析(解説/抄録あり),日本細菌学雑誌,61巻 3号 (頁 305 ~ 315) ,2006年08月,小松澤均

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第88回日本細菌学会総会,国内会議,2015年03月,岐阜,黄色ブドウ球菌の SrrAB は Streptococcus sanguinis の産生する過酸化水素感受性に影響する,その他

  • 第88回日本細菌学会総会,国内会議,2015年03月,岐阜,ETB 産生黄色ブドウ球菌が産生するバクテリオシン C55 に対する自己耐性機構の解明,その他

  • 第88回日本細菌学会総会,国内会議,2015年03月,岐阜,甘草由来グリチルレチン酸誘導物質の黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性の検討,その他