基本情報

写真a

平田 好洋

HIRATA Yoshihiro


職名

教授

研究分野・キーワード

セラミック材料、コロイド化学、組織制御、力学特性、電気特性、燃料電池

ホームページ

http://ace.cen.kagoshima-u.ac.jp/muki/index.html

特記事項

環境化学プロセス工学科

プロフィール

○セラミック系複合材料の微構造の設計と制御 ○セラミック粒子分散系の物理化学 ○固体酸化物形燃料電池の開発

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻,教授,1981年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1981年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ゾルーゲル学会(評議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • ニューセラミックス懇話会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本セラミックス協会(基礎科学部会幹事),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 複合材料工学

  • 無機材料化学

  • セラミックプロセッシング

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Hdrogen Formation from a Real Biogas Using Electrochemical Cell with Gadolinium-doped Ceria Porous Electrolyte,Ceramics International,43巻 (頁 3639 ~ 3646) ,2017年01月,Y.Hirata, T.Shimonosono, K.Ueda, S.Sameshima, K.Yamaji

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Compressive Mechanical Properties of Partially Sintered Porous Alumina of Bimodal Particle Size System,Ceramics International,43巻 (頁 1895 ~ 1903) ,2017年01月,Y.Hirata, H.Fujita, T.Shimnosono

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Performance of Yttria-stabilized Zirconia Fuel Cell Using H2-CO2 Gas System and CO-O2 Gas System,Ceramics International,42巻 (頁 18373 ~ 18379) ,2016年11月,Y.Hirata, S.Dio,A.Kai,T.Shimonosono, R.Yano, S.Sameshima, K.Yamaji

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Separation of Hydrogen from Carbon Dioxide through Porous Ceramics,Materials,9巻 930号 ,2016年11月,T.Shimonosono, H.Imada, H.Maeda, Y.Hirata

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Theoretical and experimental analyses of Young's modulus and thermal expansion coefficient of the alumina-mullite system,Ceramics International,42巻 (頁 17067 ~ 17073) ,2016年07月,Yoshihiro Hirata, Shota Itoh, Taro Shimonosono, Soichiro Sameshima

    DOI:10.1016/j.ceramint.2016.07.216,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,再生可能エネルギーによる水素製造,S&T出版,2016年09月,平田好洋、鮫島宗一郎、下之薗太郎

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,長繊維系複合材料,第7版化学便覧応用化学編 I,2014年01月,平田 好洋

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,新規ペロブスカイト固溶体(La0.6Sr0.4)(X1-yMgy)O3-δ(X=Ti,Zr,Al)の合成と電導度評価,日本板硝子材料工学助成会成果報告書,2013年08月,平田好洋

    調査報告書,単著

  • 日本語,バイオガスを用いた固体酸化物形燃料電池の発電特性,鹿児島科学研究所研究報告,2007年07月,鮫島 宗一郎, 平田 好洋, 永守 未奈子, 松永 直樹

    調査報告書,共著

  • 日本語,無機材料化学(第2版),三共出版,2005年05月,荒川 剛, 江頭 誠, 鮫島 宗一郎, 平田 好洋, 松本 泰道, 村石 治人

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Mixing rules of Young's modulus, thermal expansion coefficient and thermal conductivity of solid material with particulate inclusionn ,The Korean Ceramic Society,Journal of the Korean Ceramic Society,53巻 1号 (頁 43 ~ 49) ,2016年01月,Y.Hirata,T.Shimonosono

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,バイオガスの電気化学的改質プロセスを利用した水素製造と二酸化炭素の削減,燃料電池,15巻 2号 (頁 29 ~ 33) ,2015年10月,平田好洋、鮫島宗一郎、下之薗太郎

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,バイオガス改質プロセスを利用した水素の製造と二酸化炭素の分解,ケミカルエンジニヤリング,60巻 7号 (頁 6 ~ 11) ,2015年06月,平田好洋、下之薗太郎

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,多相系耐火物の熱伝導モデル,セラミックス,49巻 (頁 664 ~ 669) ,2014年08月,平田好洋

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,イットリア安定化ジルコニア多孔質セルによるCO2とCOの電気化学的分解,Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan,21巻 (頁 262 ~ 268) ,2014年07月,平田好洋、安藤雅浩、鮫島宗一郎、下之薗太郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 18th International Symposium on Eco-material Processing and Design,国際会議,2017年02月,Okinawa, Japan,Separation of Hydrogen from Carbon Dioxide through Porous Ceramics,口頭(一般)

  • The 18th International Symposium on Eco-material Processing and Design,国際会議,2017年02月,Okinawa, Japan,Theoretical and Experimental Analyses of Young's Modulus and Thermal Expansion Coefficient of the Alumina- Mullite System,口頭(一般)

  • 第55回セラミックス基礎科学討論会,国内会議,2017年01月,がドリ二ウム固溶セリア多孔質電気化学セルを用いる焼酎滓バイオガスからの水素製造,口頭(一般)

  • 第16回バイオマス合同交流会,その他,2016年12月,鹿児島大学,バイオマスの水素利用,口頭(招待・特別)

  • The 33rd International Korea-Japan Semina on Ceramics,国際会議,2016年11月,Daegeon Convention Center, Korea,Performance of Yttria-stabilized Zirconia Fuel Cell Using H2-CO2 Gas System,口頭(一般)

全件表示 >>