基本情報

写真a

吉田 浩己

YOSHIDA Hiroki


研究分野・キーワード

乳癌の病理、Wolman病の病理、長寿医療学

プロフィール

○乳癌の発生と進展に関する研究 ○内分泌かく乱物質と乳癌との関連に関する研究○奄美における長寿医学医療に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 学内共同教育研究学域学内共同教育研究学系 稲盛アカデミー,特任教授,2007年01月 ~ 2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 乳癌基礎研究会(幹事),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 乳腺良性疾患研究会(幹事),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本医学教育学会(会員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 国際病理アカデミー(会員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • in vivo(International Journal of Vivo Research)の編集委員,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 乳がん病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Expression of wild-type estrogen receptor beta in human breast cancer: Specific correlation with HER2/neu overexpression,Pathology International,56巻 ※号 (頁 423 ~ 427) ,2006年08月,梅北善久(UMEKITAYOSHIHISA),吉田浩己

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Induction of sarcomas by a single subcutaneous injection of 7,12-dimethylbenz[a]anthracene into neonatal male Sprague-Dawley rats: Histopathological and immunohistochemical analyses,Toxicologic Pathology,34巻 ※号 (頁 336 ~ 347) ,2006年,梅北善久(UMEKITA YOSHIHISA),吉田浩己

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,乳がんの成因,実験治療,※巻 第680号号 (頁 11 ~ 15) ,2006年,吉田浩己

    研究論文(その他学術会議資料等),査読有り,単著

  • 英語,Rim Enhancement of Breast Cancers on Contrast-Enhanced MR Imaging:Relationship with Prognostic Factors.,Breast Cancer,13巻 ※号 (頁 64 ~ 73) ,2006年,大井恭代(Yasuyo Ohi),吉田浩己

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Effects of Neonatally-administered 17β-estradiol on Induction of Mammary Carcinomas by 7, 12-Dimethylbenz〔a〕anthracene in Female Rats.,in vivo,20巻 ※号 (頁 33 ~ 38) ,2006年,川口博明,梅北善久,吉田浩己

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,新WHO分類の中での良性疾患 -.総論,良性乳腺疾患アトラス乳腺診療の手引き永井書店,2005年05月,梅北善久,吉田浩己

    教科書,共著